韓国料理

【新大久保】またまたヤンピョンヘジャンク!今度は豚クッパだ!

もう何度訪れたかわかりません。 それくらい、このお店にはお世話になりました。  抜け忍 何を頼んでも美味しい! 何を食べても元気になる! 大げさではなく、新大久保でも一、二を争う優良店ではないでしょうか。 ...
趣味の部屋

本棚を晒す【珍本これくしょん vol.28 「超革命的中学生集団」】

誰が読んでも厨ニ病丸出しのタイトル。    そしてカバーイラストは永井豪さん。 さらに平井和正さんが著者とくれば、買わないワケにはいきません。   内容もハチャメチャ。   主な登場人物は...
韓国料理

【新大久保】これは朗報!「赤い屋台」で一人でもおっけーなポッサム定食に遭遇!

「ポッサムが一人前から頼める」 何気ない日本語ですが、一人前からオーダーできるポッサムは、かなりレア。 新大久保に通いながらようやく見つけました。 店の名は赤い屋台。ご存知? これが中々の優良店だったのです。 ...
スポンサーリンク
趣味の部屋

本棚を晒す【珍本これくしょん vol.27 「辺境の惑星」】

アーシュラ・K・ル=グウィンが、またハードル高いんです。   あくまで私の場合ですが、とにかく固有名詞が入ってこない!   音節の区切りが独特で、慣れない発音にも超!苦戦。   例えば、 ジャコブ・...
れじゃー

ぼっち最後の砦「あんぷり亭」の今【ユーザー歴7年目に思うこと】

ユーザー歴7年と言うことは、通院歴7年とも言えるワケで。   世間から見れば、(色んな意味で)病的に思われることもしばしば。   「リアルで彼女探せよ」「お金もったいなくね」「コロナ渦でよく遊ぶなぁ」   ...
趣味の部屋

俳句一筋にかける村上健志さんがたどり着いた境地【感性を磨こう】

フルーツポンチの村上健志(むらかみけんじ)さんは「お笑い芸人」と言う枠を飛び越え、卓越した表現で魅了するアーティストになりました。   その表現とは俳句。   彼のキャラクターが伝わる五・七・五を読めば思わずニヤリ...
趣味の部屋

本棚を晒す【珍本これくしょん vol.26 「川のある下町の話」】

川端康成と言えば「伊豆の踊子」。 でも、全然ピンとこなくて。その後も「眠れる美女」や「みずうみ」にトライしたけど挫折。   3冊読み終えた頃には「雪国」に手を伸ばす気力も衰え、今日に至ります。   ...
趣味の部屋

映画「AKIRA」で広がる妄想と止めどない考察

一ミリも動けませんでした。   「AKIRA」の視聴後は、妄想が体内を駆け巡り、身体をロックされてしまったのです。   抜け忍 今見ても凄まじいインパクトだったよ!   あまりの完成度の高さに...
趣味の部屋

本棚を晒す【珍本これくしょん vol.25 「スパルタンX」】

表紙の右下にあるエンブレムなんですが…   この講談社X文庫と言うのが、まあしょーーーもない。   当時は主に映画のノベライズを出版。そしてそのクオリティが激低っ!   「とりあえず文字に起こせ...
編集後記

「八月の乱」を振り返る【抜け忍のブログ日和 vol.16】

2021年8月。   日本中が燃えに燃えました。   いわゆる炎上と言うヤツです。   こんなラインアップで次々と引火。 ・オリンピック開幕・パラリンピック開幕・マコなり社長の件・メンタリストDai...
スポンサーリンク