【韓国の至宝「BTS」】メンバーとARMYの絆が世界を制覇する

とにかくとんでもない!どんな努力をしても絶対に勝てない!」 

 

あの手越クンが敗北を認めたんです。

 

彼とて例の記者会で巧みなスピーチを見せたスーパースター。

 

そんな彼があっさり負けを認めた相手。

 

それがBTS(防弾少年団)

 

今の芸能界じゃ絶対に勝てない!

 

そこまで言わせるほどのBTSとは一体…? 

スポンサーリンク

BTSの基礎知識 

BTSは2013年にメンバー7人で結成された韓国のダンスグループ。 

ハイレベルなパフォーマンスは勿論、それぞれが一騎当千の実力を兼ね揃えています。

(画像はNewsweek(2020.12.1)から引用)

メンバーのプロフィール

RM(キム・ナムジュン) 
1994年生まれ。ラップに長けたリーダー。英語も堪能で外国メディアの対応でも活躍。

 

SUGA(ミン・ユンギ) 
1993年生まれ。ラップの他に作詞・作曲やプロデュースもこなすマルチアーティスト。

 

JIN(キム・ソクジン) 
1992年生まれ。安定した高音を持つボーカル担当。料理も得意な最年長。

  

J-HOPE(チョン・ホソク) 
1994年生まれ。ダンスの実力はNo.1。明るい性格でグループのムードメーカー。 

 

JIMIN(パク・ジミン) 
1995年生まれ。現代舞踊を取り入れたダンスとソフトな高音が特徴。「魅力担当」の異名も。 

 

V(キム・テヒョン) 
1995年生まれ。ハスキーな低音から高音のファルセットまでこなす実力派ボーカル。

  

JUNG KOOK(チョン・ジョングク) 
1997年生まれ。ダンス・ボーカル・運動など、全てをこなす天才児。あだ名はファングンマンネ(黄金の末っ子)。 

数字で見るBTS 

ビルボードシングルチャート1位(2020年12月5日付) 
ビルボードアルバムチャート1位(2020年12月5日付) 

・公式Twitterのフォロワー:3075万人 
・インスタグラムのフォロワー:3340万人 
 (いずれも11月19日現在) 

・韓国にもたらす経済効果は毎年49億ドル(約5000億円

・17年に韓国を訪れた13人に1人がBTSの影響 

スポンサーリンク

韓国のお家事情 

韓国には、海外でアイドル売らざるをえない台所事情があります。

国内のマーケットが小さいため、他国で売り上げを伸ばしていくしかないのです。 

そのため、人材育成は非常にプロフェッショナル。

練習生」と呼ばれる期間で、過酷なトレーニングを通過した者だけが、プロとしてデビュー。 

【主な練習メニュー】
・ボーカルトレーニング
・数種類のダンスレッスン
・演技指導
・語学教育etc.

そしてその頂点に君臨するのがBTSなのです。

グラミー賞授賞式でのBTS

キーワードは「絆」

チームプレイに徹するBTS

BTSはBehind The Scene(舞台の裏側)の頭文字であり、積極的に製作の裏側(普段の練習など)を発信することでも有名。 

インスタグラムやTwitterは互いのアカウントをフォロー、活動内容は共有チャンネルで報告され、一人よりメンバー全員の成功をアピール。 

例えば、デジタル技術の発達により、人々は簡単に団結できるようになると思うかもしれない。だが私たちの調査で、人々はより孤独を感じるということが分かった。

引用:Newsweek(2020.12.1) 

引用は所属するビッグヒットエンターテインメントのCEO・房(パン)さんのコメントから。 

BTSはメンバー間の絆を見せながら、ARMY(ファンの総称)たちも巻き込んで行きます。

「絆」で結ばれたメンバーとARMY

彼らの歌詞は格差で傷ついた若者へのメッセージも多く、哲学をベースに解説するファンもいるほど。 

そこに強力なダンスパフォーマンス(とにかく揃う)や驚異的な歌唱力が加わり、世界レベルの楽曲が完成。 

それらをYouTubeやSNSで日々発信、ARMYたちは親近感に癒され、寂しさも埋まり、絆を強めて行くのです。 

BANGTANTV
방탄소년단 공식 유튜브 채널 입니다. This is the Official YouTube channel for BTS.

そのARMYたちも非常に自発的で、海外への広報活動や歌詞の翻訳など等、無数のグループが存在。 

もはやメンバーとファンの壁は全くありません。

世界中に散らばるARMYと同化したBTSは、単なるアイドルの域を越え、21世紀のポップアイコンになりました。

スポンサーリンク

世界で戦う韓流アイドル

日本のアイドルもアジアでは活躍していました。 

肌の色や文化圏が近いこともあって、多くは成功も治めました。 

 

しかし、BTSのビルボード制覇は別格。 

 

これには遥か遠く及びません。 

人種も言語も文化も差別も乗り越え、全く違うエリアで戦って勝ったのですから。

  

言語だけでも、日本語・英語・中国語を努力で身に付けたアイドルもいます。 

3ヵ国語を話すユナ(少女時代) 
引用:公式Instagram

 

堂々と外国語でスピーチできる方が、日本にはどれだけ居るでしょうか。 

 

抜け忍
抜け忍

厳しい言い方だけど、世界を目指す努力と国内市場だけを目指す努力では、結果に差が出るのも当然。 

 

日本の芸能界が、スキャンダルの暴露合戦や謹慎処分など、お互いを潰し合っている間、彼らはストイックに練習を積み重ね、ファンとの絆を強めることに全力で取り組みました。 

少なくとも海外のアイドル市場で、彼らに勝つことは絶対にありえません。 

もはや韓国のエンターテイメントは無視出来ない存在なのです。