新大久保の混雑はいかに?―あえてゴールデンウィークに行ってみた―

ネットで新大久保の記事を読むたび、必ず見かけるワードの一つが「混雑」。

 

果たしてそうでしょうか?

 

まるで四六時中賑わっているかのような印象には、ちょっと疑問符。

 

そこで人出と飲食店の混み具合をチェックしつつ、街並みを歩いてみました。

 

メディアが切り取る雑踏とは、ちょっと違う新大久保もあるんです。

スポンサーリンク

2022年5月4日(水)9:45の新大久保

この日はGWの中盤で快晴。絶好の新大久保日和ですが、朝方なので人はまばら。

 

コスメなどの小売店も、まだまだ余裕。

 

本日の目的はでりかおんどる2号店。ランチタイムは10:00から。

 

入店は10:00丁度。この時間なら、席のゆとりも充分。

 

急かされることなく、ゆるりと韓国料理を堪能。ごちそうさまでした。

 

周辺を散策して駅に戻ると、人出は一気に増加。ピークタイムに向け、一層、賑やかになってきます。

スポンサーリンク

2022年5月6日(金)15:20の新大久保

今度はランチタイムを外して来訪。若干曇りがちですが、相変わらずの人だかり。

 

とは言え、人波と店の混み具合は比例しません

 

大久保通りを歩いて、でりかおんどる1・2号店、味ちゃん等の人気店をのぞいてみましたが、どの店も行列はなく、スムーズに入店可。

 

念のため、徒歩圏内の他店もチェックしましたが、どこも似たりよったり。

 

ランチタイムが16:00までの店もあるので、ゆっくり食事を楽しみたい方には穴場の時間帯。

スポンサーリンク

2022年5月7日(土)11:20の新大久保

普段なら絶対来ませんが、あえてピークタイムに突入。

 

GWと土曜日とランチタイムが重なって、駅中から混雑は最高潮!

 

拡声器で呼びかける駅員さんも、お馴染みの風景。ご苦労さまです。

 

駅近の店舗は既にイッパイ。外で待っている方もチラホラ。

 

やや離れたイケメン通りでも、既に行列が(写真右)。

 

ただ、12:00以降のピークタイムでも空きが目立つ店舗は幾つかありました。正直、ちょっと避けたい気もしますが。

スポンサーリンク

2022年5月8日(日)8:20の新大久保

いくらGWの日曜日とは言え、この時間帯はガラガラ。誰もいません。まるで放課後。

 

大久保通りはゴーストタウン状態。

 

抜け忍
抜け忍

こんな時間に来てどうするの?

 

…な〜んて思った方もいるかしら?

 

実は24時間営業の店があるんです。

明洞のり巻きはその一つ。

 

ランチ時は混雑必至の人気店ですが、朝はゆったり。

店内は賄いをいただいてる店員さんと女性客が一人だけ。

 

8:30頃の入店で9:00過ぎまでいましたが、来客は一組のみ。10:00くらいまで、のんびりと食事を楽しめます。 

 

しかし、この閑静な一時は、わずか2時間ほどで終了。それ以降は、あっ!と言う間に、人・人・人。

いつもの光景に戻ります。

スポンサーリンク

【まとめ】新大久保の混み具合

飲食店の混雑が起こるワケ

主な要因は訪れる方の大半が女性であること。特に飲食店では顕著。

なぜ飲食店が混むのか?
・女性は会話を楽しむ
・女性はゆっくり食べる
・韓国料理はひたすら熱い

ガツガツと早飯上等!の男性と違って、女性はおしゃべりも食事も、ゆっくりと楽しみます。

 

さらにアツアツの韓国料理を完食するには、まとまった時間も必要。

 

これらの要因が重なり、混雑を引き起こすワケです。

オススメの時間帯は?

ここまでの過程を踏まえ、飲食店の混雑度をまとめてみました。

混雑度(★×5が混雑のピーク)
早朝〜9:00★(ガラガラ)
9:00〜11:00★★(まばら)
11:00〜14:00★★★★★(超絶ピーク)
14:00〜17:00★★★(意外と閑散)
17:00〜深夜★★★★★(再びピーク)

平日と土日祝で、混み具合の差はほぼありません。基本的には屋内での行動(ショッピング or 飲食)がメインなので、多少の風雨も影響ないです。

 

これらを考慮すると、やはり11:00までの入店(オープン直後)がオススメ。ピークタイムでも、駅から10〜15分ほど歩けば、(ある程度)空いている店もあります。

 

ただ、女子向けのカフェには、朝から晩まで行列の耐えない店もあるため、どうしても入店したいなら、諦めて並ぶしかありません。

3/22オープンの「バンビカフェ」は終始行列

 

事前予約等も確実ですが、質の悪い客と重なることもあるので(やたら騒ぐ家族連れなど)、あまりオススメはしません。

 

最後に。

 

連日、薄暗いニュースが重なり、ふさぎがちになりそうですが、せめて美味しい韓国料理を食べて元気を回復、楽しい毎日を過ごしたいもの。

 

そしてこの記事が、その際の一助になれば、望外の喜びです。