【五星戦隊ダイレンジャー】忘れじの名場面「第27話・最終拳だだだッ」

五星戦隊ダイレンジャーの疾走感・ドラマ性・キャラクターは完璧。当時の特撮モノでは頭一つ抜きん出ていました。

 

抜け忍
抜け忍

ブッチギリでカッコイイ!

 

制作サイドも戦隊15周年を迎え、かなり力を入れていた模様。

 

抜け忍
抜け忍

個人的にも非常に思い入れのある作品。

 

今回は「第27話 最終拳だだだッ」を振り返り、あまりにも有名な高速バトルの一旦に触れてみたいと思います。

 

※全ての画像引用は©東映様です。

スポンサーリンク

エポックメイキングな高速バトル!

「五星戦隊ダイレンジャー」は剣を拳に変え、6000年の時を経て蘇ったゴーマ族から、人類を守るお話。

ゴーマを統べるゴーマ十五世

 

そしてその見所は、なんと言っても高速バトル!

 

抜け忍
抜け忍

冒頭でも伝えたけど、メチャクチャ速い!

 

70年代を代表する「仮面ライダー」と比較すれば良くわかります。当時の昭和特撮バトルは、主に4ビートでした。

仮面ライダー第54話「ユウレイ村の海蛇男」より

 

 

ところがダイレンジャーのバトルは一気に16ビート!手数も足数も多く、とにかく凄まじい疾走感!

テンマレンジャーの奥義「天重星 回転蹴り」

 

さらに香港映画へのオマージュも随所に感じられ、なんとも微笑ましいのです。

フォントも棒術もシビレル!

 

抜け忍
抜け忍

中国拳法をベースにした戦いは舞踊そのもの!ひたすら美しいのだ!

スポンサーリンク

炸裂する秘技!天火星流星閃光!

以上を踏まえて、改めて今回の「最終拳だだだッ」は、天火星・亮(リュウレンジャー)が、凄まじい秘技に目覚めるエピソード。

 

その発端になるゴーマ族・壺道人は、ブヨブヨの軟体であらゆる物理攻撃を吸収してしまう強敵。

ダイレンジャーの拳法を無効化した壺道人

 

そこで道士・嘉挧(かく)は亮に修行を提案。

道士・嘉挧(かく)と亮

 

仲間と供に励みますが、その最中、凄まじい痛みで悶絶。

 

それもそのはず、彼の全身は強力なスプリングで覆われていたのです。

あまりの激痛に修行を諦めそうになる亮でしたが、仲間の4人は既に囚われの身。

 

彼らを助け出すためにも気力全開!再び立ち上がり、闇空手のジンに対決を挑みます(ジンは高速の拳技で過去に亮を倒した)。

豹牙流邪心拳(ひょうがりゅうじゃしんけん)のジン

 

ジンの高速拳を超えれば、秘技を会得できると考えた亮は、対決の中で開眼!

 

見事ジンを打ち破り、人智を超えたスピードを身に着けます。

 

そしてそのスピードを最大限に活かした必殺技がコレ!天火星秘技・流星閃光

 

高速の拳を一点に叩き続ける技で、壺道人に衝撃を吸収する間を与えず、一気に撃破!

抜け忍
抜け忍

カッコよすぎだろコレ!全戦隊の全エピソードの中でも間違いなく上位の名場面!

スポンサーリンク

永遠に輝け五つ星! 〜ダイレンジャーに萌えたあの頃〜

今回の27話は、前回の26話と合わせて、後半の布石になる重要なエピソード。見所盛り沢山で目が離せません!

 

抜け忍
抜け忍

ダイレンジャーは伏線の回収も見事!戦隊史に残る名作だよ!

 

ちなみに敵キャラも秀逸。どこかアジアンテイストを漂わせつつ、独自のデザインで魅せてくれます。

左からシャダム・ザイドス・ガラ / 阿古丸 / ゴーマ四天王

 

そこへ高いドラマ性と高速バトルが絡めば、ダレることなく、最後まで見逃せない素晴らしい作品の完成。

 

当時まだ10代だった私も、まんまとドハマり。「後楽園遊園地でボクと握手!」で、リュウレンジャーの和田圭市さんとホウオウレンジャーの高橋夏樹さんの二人と握手できたことは、一生の思い出です。

1993年当時の色紙と半券

 

あれからダイレンジャーたちも紆余曲折。リアルで悲しい出来事もありました。それは稲妻で五体をバラバラに引き裂かれるようなショックで、私も暫く立ち直れませんでした。

 

それでもファンは続けます。絶対に辞めません!

 

私の中では変わらずあのころのまま。未来永劫輝き続けるのです。

 

例え星が欠けようとも…。

スポンサーリンク

追記:第39話「魔拳 落日に散る」(※ネタバレ注意)

こレだけは語るまいと思ってました。まだ未聴の方もいらっしゃるでしょうから。

 

ですが、我慢できません!

 

なぜなら、この第39話は魔拳士ジンの魅力を凝縮した超絶・神エピソードだから

 

ジンのエピソードは全て甲乙つけがたいのですが、特にこの第39話は、見るもの全てが落涙必至。「特撮好きで良かった!」と心から思えるはずです。

 

抜け忍
抜け忍

強さへの飽くなき追求。亮との共闘。はじめて見せた素顔。そして壮絶な散り際。脚本も演出も完璧!言うことナシ!

「ありがとう」別れ際に笑顔を見せたジン

 

見所はなんと言ってもラスト!

 

夕陽をバックに最後の抵抗を試みるシーンは圧巻。正に滅びの美学。明らかに「ドラゴン怒りの鉄拳」へのオマージュですが、こんなに美しい演出を見れるのもダイレンジャーだけです!

 

あなたが特撮好きを公言するなら、五星戦隊ダイレンジャーは避けて通れません。未聴の方はもちろん、既に通過した方も、是非、もう一度ご覧になってください。

 

人生の宝物が一つ増えます!