「八月の乱」を振り返る【抜け忍のブログ日和 vol.16】

2021年8月。

 

日本中が燃えに燃えました。

 

いわゆる炎上と言うヤツです。

 

こんなラインアップで次々と引火。

オリンピック開幕
パラリンピック開幕
マコなり社長の件
メンタリストDaiGoさんの件
宮迫博之さんの件

 

抜け忍
抜け忍

いちいち何があったかまでは掘り下げません。メンドクサイので。

 

さらにデルタ株の感染者増加報道が加わり、殺伐とした日々が続きました。

 

誰かを攻撃したくて、みんな目が血走っていたし、獲物を見付けたら喰らい付いて二度と離さない。

 

怒りや不安を煽ることが、巨大な利益を生むのでメディアも加速。火にガソリンを注ぐように、炎上を煽る煽る。

 

抜け忍
抜け忍

なんだかなぁ。

 

日本全土に邪悪な意思が蔓延していました。

 

まともな批判なんてありません。前後関係なんてどーでも良くて、発言の一部を切り取り、一斉放火を浴びせるだけ。

 

みんなで悪者をやっつけようぜ!
正義の押し付けってキモチイイ!

 

歪んだマウントで承認欲求を満たしたくてしょうがない。

 

だから、フラットな立場で誰も批判しなかった人ってステキ。当時ブロガーでもYoutuberでも、日和らず、自分のスタイルを貫き通した方々を、全力で抱きしめたい(イヤだろうけど)。

 

何より時間ももったいない。

 

自ら怒りの火種に点火 → それを煽る発信でさらに激怒 → 遂にはSNSで大騒ぎして無限ループへ突入。

 

抜け忍
抜け忍

その時間なんスか?

 

有限な時間を、会ったことも話したこともない人の批判に使うなんて、どうかしてるよ。原始的なマネタイズに加担して(=視聴して)、金儲けのお手伝いをするのがそんなに楽しいの?

 

 

意見を持つことは大事だけど、みんなで足並み揃えて個人を攻撃するのは違うよね。

 

抜け忍
抜け忍

結局、批判厨の人って、

・同調圧力に屈しているだけ
・何の思想もないから他人の意見に乗っかってるだけ

 

ぬけログはブレません(先月ちょっとブレたけど)。とあるポリシーの元に運営しているので、基本的な姿勢は一貫しているつもり。

 

たまにやらかすこともありますが、今年も好き勝手書き散らかそうと目論んでおります。