英検2級から英検準1級合格に向けてすべきこと【単語・リーディング・リスニング編】

早速ですが、受験前に自覚したいことが一つ。

それは英語は5科目と言うこと。

つまり単語・リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの5つ。

それぞれの科目で、ある程度のレベルを求められますが、全てを完璧に仕上げる必要はありません。

得意分野を伸ばして得点を稼ぐという方法が通用します。

無駄を省いて最短距離で合格を目指しましょう!

抜け忍
抜け忍

まずは全ての土台になる単語から!

スポンサーリンク

単語暗記で気を付けたいこと

準1級に必要な語彙数は7500~9000。2級が3800~5000なので、馴じみのない単語も多く見かけるでしょう。

ただ、単語暗記に才能は関係ありません。ひたすら覚えて、当日は全問正解を目指します。

私は、レイアウトがシンプルな『出る順で最短合格! 英検準1級 単熟語(ジャパンタイムズ)』を使っていました。

ちなみに付属CDは発音確認に聞いた程度。

上手く発音出来ない単語だけはチェックすべきですが、それ以上は無駄足(付属CDのシャドーイング等)。

さらにもう一点。ありがちな遠回りですが、

単語は英語→日本語だけでなく、日本語→英語も覚える

絶対やめてください。膨大な時間をロスします。当面は英語→日本語で充分。

この手の発言をする方は大半が英語教育論者。

彼らの主張は、

単語の意味だけじゃダメ。日本語→英語でも覚えないと発信に使えない。

間違ってません。間違ってはないのですが、その方法では、一つの単語に割く時間が増え過ぎます。

その時間でより多くの単語を英語→日本語で仕上げた方が断然イイ。

ライティングやスピーキング等、発信に関しても、英検2級程度の語彙や構文で充分。

抜け忍
抜け忍

複雑な表現を使う必要は一切ありませ~ん!

英検サイトの解答例も無視して良いくらい。

あとは繰り返すこと出来るだけ繰り返して馴染むこと

さらに長文で出会った単語なども抑えて、(出来れば10000万語レベルを目指すつもりで)英語→日本語を徹底すれば単語学習はOK。

【単語暗記まとめ】
・単語暗記は英語→日本語を優先
・出来るだけ繰り返して語彙数を増やす
スポンサーリンク

リーディングのコツ

スラスラ感をめざして

リーディングは素材選びがキモ。ある程度ボリュームのある長文を揃えて、しっかり読みこなす力を身に付けます。

試験では、大問2で260語前後大問3で400語前後の記事が出題されるので、少なくとも400語かそれ以上のリーディング素材を確保しておきたいところ。

学習する際は、

①解らない単語をチェック
②(文法が原因で)読みにくい箇所をチェック

上記2点を意識して、幅広い素材を片っぱしから読み漁ります。目指すのはスラスラ感

目安として400~500語の素材を50記事ほど読んだあたりから、少しづつスラスラ感が芽生えます

なぜなら、英文を上手く読めない原因は①と②に集約されているから。

それを一つずつ潰していけば、自動的に読むスピードもスタミナも付くと言うワケ(勿論、単語暗記も並行して進めてください)。

素材は日本で発行されている英字新聞がおススメ。海外ニュースもイイのですが、身近な話題の方が内容理解も容易。

その際、日本語訳があれば始めに読んでください。

記事を日本語で理解
    ↓    
  英文を読む
    ↓
解らないところを潰す 

効率良く学習するには、この順番がベスト。

素材の英字新聞は図書館で閲覧できます。

気に入った記事をコピーしてスクラップするのはいかがでしょう?

抜け忍
抜け忍

ボリューム的にも難易度的にも、英検準1級にピッタリ。

リーディング用の素材を購入しても構いませんが、日本人学習者向けに加工されたものは避けてください。

生ぬるい素材が通用するのは英検2級までです。

スピーキングも忘れずに

最後にもう一点。リーディングを終えた後は、必ず英語で感想を述べましょう。

ひとり言で大丈夫。 文中で見かけた単語や熟語を使って、ぶつぶつと呟きます。

抜け忍
抜け忍

上手く表現できない時がチャンス!

その際、Googleで検索して正しい表現をストック、日本語→英語で発信出来る様にします。

後にライティングやスピーキングに生かすためです。

【リーディングまとめ】
・400字程度の素材をひたすら読む
・日本語訳は先に目を通す
・素材を使ってスピーキング
スポンサーリンク

リスニングは才能!?

シャドーイング重視は危険

ここで悲しいお知らせ。

断言します。リスニングは才能です。

抜け忍
抜け忍

努力じゃどうにもならないの?

そうではありません。努力でカバーできます。ただ、個人差がかなり出ます。

そのためにシャドーイングを実践している方も、かなり居るようです。

実際、手ごたえはどうですか?リス二ングは向上しましたか?

私はイマイチ。

一つの素材をはじめから終わりまで仕上げる頃には、かなり辛い思いをしました。

抜け忍
抜け忍

時間も大幅にロス。

確かに素材は聞き取れましたが、それで合格に直結したかと言えば???

英検サイトから過去問をダウンロードすれば解りますが、試験で問われるのは一文一文を正確に聴きとる能力ではありません。

問われているのは大意を把握する能力。

そもそもシャドーイングは通訳を本業にする方のトレーニング。それこそ一つ一つ正確に聴きとるには効果的です。

ただ、準1級では、そこまで精度を高めなくても、なんとかなります。

とは言え、音声に馴れる必要はあるので、その点だけは努力しました。

使用した教材はVOA Learning English BBC learning English。どちらもノンネイティブや移民向けに映像・音声・字幕を付けて構成された英語学習サイトです。

具体的な学習方法は、

①会話形式のダイアログを聞きながら字幕を目で追う
②音声を真似て字幕を音読する(英文の意味も把握する)
③最終的に音声を聞いて意味が取れるまでに仕上げる

学習の際は絶対にシャドーイングしないでください。

目的は音声に馴れる事です。馴れれば良いので、音声を聞きとれて意味を把握できたら、その素材は終了。

リーディング同様、ある程度、数をこなせば聴き取れる範囲も広がってきます。

ちなみにPART2・PART3(長文の放送)は捨てました。

相性が良い問題のみ解答する程度。僅かな期間の努力では、とてもカバーできません。

リスニングは情報の処理スピードが速いヒトほど上達します。

抜け忍
抜け忍

生まれ持っての才能です…。

私は日本語でさえ聞き返したり、噛み砕いて考えないと理解できません。

自動的に聴き取りで努力する事を諦めました。

リスニングは手間をかければ伸びる分野ですが、間違いなく膨大な時間と、かなりの根気が必要。

木村達哉さんの場合

僕は『ENGLISH JOURNAL』にコラムを掲載している関係で、定期講読をしています。そのCDをいつも車に入れて、「どうせほとんど聞き取れないだろうな」と思いながらも聞いていました。(中略)ところが生徒達と音読を繰り返しているうちに、「あれ?かなり英語が聞こえてくるぞ?」と言う日が増えて来ました。車の運転をしていますので、CDに完全に注意を向けることなどできません。でも自然と聞こえてきたのです。

引用:木村達哉「キムタツ式 灘校生が実践しているTOEIC900点を当たり前のように取るためのパワフルメソッド」

著者の木村達哉さんは、灘高の英語教師。勿論、英語に触れる機会も多かったはず。

そんな彼でさえ、音読とシャドーイングを学習に取り入れ「自然と聞こえてきた」のは、教師生活10年後。

その一方、リスニングを攻略、多数の生徒がTOEICで高得点を取ることにも触れています。これは才能以外なにものでもないでしょう。

大問1~3の単語選択や長文の語句補充、設問に応える等は、才能を必要としません。ここで得点を稼いで、さっさと合格するのが得策です。

【リスニングまとめ】
・シャドーイングはしない
・ダイアログ素材で耳を慣らす

次回はライティング・スピーキングについて。

抜け忍
抜け忍

息切れしてきました?

私も当時を思いだして、目まいを覚えているところです。