【古事記】最も危険な神はスサノオ?イザナミ?それとも…?

またもや厨二臭がプンプン。

イイじゃないですか。

こんなカテゴリーがあっても。

完全に管理人の趣味なんですけどね。

北欧神話同様、危険度別にまとめています(多分に妄想も入ってます)。

あの神々の恐ろしさやいかに!?

 

スポンサーリンク

オオクニヌシノカミ【危険度★☆☆☆☆】

出典:神道 神社

え、なんで危険なの?

そうですよね。良い話しか聞きません。

でもね。この方、メチャクチャ女たらし!

そういう意味の危険度です。

抜け忍
抜け忍

ヤガミヒメやらスセリビメやら次から次へと…羨ましいぞコノヤロウ!

ヒノカグツチノカミ【危険度★★☆☆☆】

出典:神道 神社

イザナミから生まれるや、その身の炎で大火傷を追わせ、彼女は絶命。

自らも怒ったイザナギに命を奪われると言う、なんとも悲しき神。

もしこんな子が生まれたら…貴方は愛せますか?

オオモノヌシノカミ【危険度★★☆☆☆】

出典:よくわかる「世界のドラゴン」事典

三輪山を七巻半したと言う蛇の神様。

後に雄略天皇に捕獲されるも、一睨みでビビらせ、即座に解放させました。

御魂を祀らないと、疫病を流行らせると言うメンドクサイ一面も。

抜け忍
抜け忍

普通に関わっちゃいけないタイプ。

スポンサーリンク

タケミカヅチノカミ【危険度★★★☆☆】

出典: 八百万の神大図鑑

アマテラスオオミカミ直属の武闘派。

国譲りでオオクニヌシの弟タケミナカタノカミと力比べで対戦。

腕を剣に変化させたタケミカヅチは、タケミナカタの腕を潰して、あっさり勝利。

イザナミ 黄泉ver【危険度★★★★☆】

出典:Mythology Wikia

イザナギと共に国作りに励んだあと、前述のヒノカグツチを生んで命を落とします。

その後、黄泉の国へと旅立ったのですが、後からやってきた夫・イザナギに醜い身体を見られて激怒!

その身はウジ虫に巣食われ、雷の神が八柱も取り憑いたスプラッタ仕様に。

愛した女性が別人と化して襲いかかってくる…中々、残酷なエピソードです。

アマテラスオオミカミ【危険度★★★★☆】

出典:神道 神社

イザナギの禊(みそぎ)から生まれた直系のエリート神。

ツクヨミノミコトスサノオノミコトと供に「三貴子(ミハシラノウズメ)」とも呼ばれます。

その名の通り太陽を司る神様ですが、スサノオとひと悶着起こして拗ねまくると、速攻で岩屋戸へ引きこもり。

一気の職場放棄で地上からは太陽が消滅。大パニックに。

抜け忍
抜け忍

つまり彼女の機嫌を損ねることは絶対NG。

スポンサーリンク

ワタツミノカミ【危険度★★★★☆】

出典:まんがで読む古事記

ヤマサチヒコに潮の満ち引きを自在に操れるアイテム(潮満珠(しおみつたま)潮干珠(しおふるたま))を献上したことで有名。

その威力は言わずもがな。

海を司る神では最上位。

ギリシャ神話の海神ポセイドンも底知れぬ力を持っていたように、彼の実力も疑う余地はありません

スサノオノミコト【危険度★★★★☆】

出典:月岡芳年 / 素戔嗚尊出雲の簸川上に八頭蛇を退治したまふ図

傍若無人に振る舞ったと思えば、ヤマタノオロチを退治する優しさもあり、尚且つマザコンとか、完全にキャラ渋滞。

抜け忍
抜け忍

要はかなりのサイコ野郎。

とは言え、武力にも武略にも優れ、戦闘力は神話内でも随一。

短気な点も含めて、危険度は間違いなく上位。

アメノミナカヌシノカミ【危険度★★★★★】

出典:神道 神社

古事記での出番は、国生みの際にチラっと登場する程度。

しかし痩せても枯れても、このお方は万物の創造主。

全ての神を凌駕している可能性大。

同じく造化三神カミムスビノカミ(アメノミナカヌシと同時期に現れた神)は、イザナギがあれほど苦労した蘇生を難なく実現、亡くなったオオクニヌシを復活させます。 

生死をも超越した力は正に神の中の神。

アメノミナカヌシの実力も推して知るべし。

スポンサーリンク

アナタの危険度ランキングは?

ヤマトタケルも含めるべきたったかもしれませんが、半神半人と言うポジションなので、今回は除外。

ギリギリ迷ったのはオモイカネノカミ。知略に長けたアマテラスオオミカミの参謀で、敵に回すと確実に厄介。

出典:神道 神社

しかし、具体的な戦闘シーンも無いため、やはりランク外に。

こんな案配で、古事記では争いに関する描写が極端に少ないので、妄想に頼って順位付けしました。

自動的に管理人の趣味が出まくってますが、ご了承ください。

異論・反論・ご意見などはお問い合わせまで。

良かったらアナタのランキングも教えてね♪