吉祥寺「まるけん食堂」で激安定食にむせび泣いた日

ただいまー!

 

…アナタには元気よく帰る場所がありますか?

 

YES→良かったね。

N O→仲間だね。

 

仲間のみんな。寂しさに負けないで。

そんな時はまるけん食堂があるじゃないか。

さあ。涙を拭いて行こうぜ。安らぎの場所へ。昭和レトロなあの店へ。

抜け忍
抜け忍

あ、YESの方も読んでね(汗)。

スポンサーリンク

店舗情報とアクセス

住 所:武蔵野市吉祥寺東町1-6-14
電 話:0422-22-4250
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:月曜日

吉祥寺駅北口からサンロード商店街へ。

商店街をまっすぐ。五日市街道にぶつかったら渡って右。

リカーオフを左へ。

教会を右に見て直進。

着きました(実家に)。

定食メニュー(450円)で広がる多幸感

とりあえずメニュー。

やっぱり450円の定食を頼みたい。

迷ったので店のチョイスを聞きます。

 

抜け忍
抜け忍

どれが良く出ますか?

コロッケかな。メンチも出るよ。

抜け忍
抜け忍

じゃ、コロッケで。

揚げるからちょっと時間かかるよ。

抜け忍
抜け忍

OKス。

 

お父さんの仕事は早い。

言い終わるやシュワシュワとコロッケを揚げ始める。

待ち時間でスポーツ新聞に目を通して、しばし昭和タイム。

吉◯家にもない。す◯家にもない。

この安らぎ。実家なの?って位くつろげる。もう元は取ったようなもん。

待つこと約5分。

コロッケ定食がやって来た。

シアワセの最終形態

アツアツのコロッケにウスターソースをドバッ。

あとは箸で割って食べるだけ。

衣はサクサク。中はホクホク。

シンプルなポテトコロッケはお袋の味。

それをごはんと味噌汁の黄金ローテでいただきます。

 

抜け忍
抜け忍

日本人でヨカッタ。

 

この味。この雰囲気。そしてドヤ街のような雑多感。なにもかも素晴らしい。

 

抜け忍
抜け忍

涙腺崩壊。

 

ごちそうさま。

食べ終わってしばし余韻。

(また来よう)

そして、また来ます。わりと直ぐに。

価格破壊しまくったレバニラ炒め定食は490円

この日は開店と同時に in。

既に3名の先客が注文を終え、スポーツ新聞に目を通しています。

 

抜け忍
抜け忍

レバニラ炒め定食!

 

私も着席と同時に注文。 

とにかく安い。安過ぎる。

ちなみに他店のレバニラ炒めは、こんな価格。

ふくしん:460円
餃子の王将:480円

 

抜け忍
抜け忍

え?変わらなくね?

 

いや、変わります。上記の値段はレバニラ炒め単品の値段。ライスや味噌汁を加えてセットにすると、650円~前後になります。

 

抜け忍
抜け忍

確かに。まるけん食堂は頭一つ安い。

 

これはありがたい。

そして来ました。

レバニラをアップ。

レバーは6~7切れほど潜んでいる模様。

味付けはそこまで濃い目ではなく、どこまでも家庭的。

もちろん黄金ローテ(レバニラ→ごはん→味噌汁)で完食。

ごちそうさまでした。

抜け忍
抜け忍

お父さんと、もっとお話したかったな。

スポンサーリンク

常連さんになりたくて

野菜持ってきたよ。

まあ!ありがとうございます。

お客さんからの差し入れみたい。

こんなやりとりがありました。

熱心な常連さんも居て、お父さんやお母さんも、気さくに話しかけます。

抜け忍
抜け忍

イイなぁ。

街の食堂あるある。

もう、めちゃくちゃほっこり。常連さんになりたい。認知されて居場所を作りたい。

チェーン系がダメとは言わないけど、このマンツーマンのやりとりを味わってしまうとね。

機械的な接客じゃ味気ないと言うか。

だって寂しいじゃない。食事だけで終わったらさ。