【古事記を巡る旅】香取神宮と鹿島神宮のちょっとイイ話

帰宅しても興奮冷めやらず。

香取神宮と鹿島神宮への参拝は感動の連続でした。

抜け忍
抜け忍

管理人の中では、ネズミの国とほぼ同じ。

改めて予習が大切なことも解りました。

予備知識の量で、ありがたみに差が出ますね。

ほんのさわりですが、今回の記事が訪れる前の一助になればイイかなと。

一味違った風味で掘り下げてます。

 

スポンサーリンク

東国三社とは?

かつて「お伊勢参り」が一大ブームだったことは、ご存知?

元々、平安時代に朝廷の財政が悪化したことがきっかけ。

そのため伊勢神宮が御師(おし・旅行業者のようなもの)を雇って全国に布教、信者たちのお布施で負債を埋めました。

さらに江戸時代になると、「一生に一度は行きたい」と言う伊勢信仰に発展。

大変ポピュラーになったのです。

ただ、そうは言っても関東からは並大抵の距離じゃありません。

そこで「香取神宮・鹿島神宮・息栖(いきす)神社の参拝=伊勢神宮と同じご利益」という解釈が浸透しました。

現在も息栖神社のみアクセス悪いのですが…な~んて、昔の人に怒られそう!?

時間と体力に余裕がある方は、是非、東国三社をコンプリートしてみて。

タケミカヅチとフツヌシノカミ

鹿島神宮のタケミカヅチと香取神宮のフツヌシノカミは、言わば兄弟。

日本書紀での記載になりますが、二柱ともイザナギがホノカグヅチを斬った際に生まれました。

ところが、肝心の神話では扱いに差が。

フツヌシノカミは、どちらかと言えばサブ。

どうやら7世紀に香取神宮と鹿島神宮を管理していた中臣氏が、タケミカヅチをひいきにしていたようなのです。

とは言え、フツヌシノカミも人気があったため、後々まで供に繁栄しました。

抜け忍
抜け忍

ちなみに古代語「ふつ」は、切る時の擬音「ぷっつり」の語源。フツヌシノカミの「フツ」も「悪霊を斬る」と言うニュアンス。カッコイイね!

境内ウォーク with 深呼吸

日本人にとって森は、神が住まう場所 or 降り立つ場所。

だから社も林の奥深くにありますよね。

昔の人たちがうっそうと繁った境内を歩けば、きっと神々を身近に感じたはず。

でも、これには科学的な根拠もあります。

日本医科大学が中高年12人に森林歩行をさせた結果、ナチュラルキラー細胞の活性化や、生体の抗がん能力も高まったことが解りました(「森を歩く」P34)。

森を歩くことで、不思議と人間の活力が高まるのです

そのことが「ご加護を感じた」「見えない力を感じた」などの感覚に繋がったのでしょう。

抜け忍
抜け忍

マジか?

マジです。

そうと解れば、境内でゆっくり深呼吸してみません?

肺に酸素を送りめば、脳も身体もリフレッシュ。

活力を高めて古代人の感覚に近づくのも面白いですよ。

その他の見所

小林一茶の句碑

趣味丸出しなんですが、田辺聖子さんの「ひねくれ一茶」が大好き。

立て札を見つけた時は、何度も句を詠んで、まあ、はしゃぎました。

抜け忍
抜け忍

小林一茶の句碑ってアチコチで見られるんだけどね。

ご神木巡り

ご神木巡りも楽しい。実際目にすると、やっぱり違います。

香取神宮のご神木(左)と真ん中の朽ちた三本杉(右)

樹齢1000年の質感は、現地で確かめるしかありません。

気軽に触れるのも、おそれ多いのですが。

さざれ石

君が代でお馴染みのさざれ石。

なんで岩にしめ縄?

不思議ですよね。

岩の読みは「イワ」ですが、その語源は「イワウ」。つまり「祝う」と同義。

巨石を積み上げた古墳の石室も、岩に霊魂が宿るという信仰がベース。

縁起が良いことは勿論、神の依り代でもあったのです。

ニニギノミコトがイワナガヒメを迎えていれば、「イワ(岩)のようにナガ(永)く」命が続いたのに…。

神道山古墳群

残念無念!

香取神宮から香取駅へ向かう途中にあるのですが、登りの階段で太ももに痛みが…。

香取神宮とゆかりのある神道山古墳群

古墳を目にすることなく引き返す羽目に。

ひたすら凹みましたね。是非ともリベンジしたい案件。

スポンサーリンク

大人の修学旅行

中高生と違って、嫌々奈良で寺や大仏を見る必要はないんです。

興味の赴くまま、好きなところを好きなだけ回るのが大人の修学旅行。

その際、やっぱり予備知識は必須。

せっかく出会った建造物も、ただの木の塊で終わったら感動も薄味に。

抜け忍
抜け忍

勿体ないって。

そうならないためにも、キチンと予習して、旅行や散策を有意義なものにしたいですね。

今後も予習×体験×ブログでインプットとアウトプットを繰り返します。

近頃、歳のせいか物覚えがよろしくないのは、ここだけの話。

ブログを活用して、トホホな脳に刷り込もうかなと。

これで記憶に残らなかったら…ちょっとね。

オモイカネノカミに相談かな?