【映画で英語】「コレって、なんて言う?」ト書き学習で描写力を爆上げ!

映画のセリフで勉強したい!」「映画でリスニング力を鍛えたい!

そんな方も多いのでは?

私もそんな一人。

映像で使われているフレーズや音声を確認することで、かなり英語力を伸ばせます。

ですが、さらにもう一つ。

ここではト書きを使った学習方をオススメします。

楽しく学んで、英語力を底上げしましょう。

抜け忍
抜け忍

描写力をアップ!アップ!

スポンサーリンク

ト書きで特訓!

用意するもの

用意するものは以下の3点。

・スクリーンプレイ出版の本(それ以外はト書きが無いため)
・好きな洋画DVD
・DVDが視聴可能なパソコン(なくとも可)

今回は「麗しのサブリナ」を使用。

欲張らず、好きな映画一本で十分です。

実 践

まずはリラックスして視聴開始。

すると早速、印象的なシーンが。チャンス到来!

そんなときは一時停止。画面をプリントスクリーンで保存します。

好きなシーンを一時停止

「Fn」+「PrtSc」を同時に押してプリントスクリーン

内臓アプリ「Microsoft ペイント」を起動して、左上の「貼り付け」をプッシュ

「トリミング」押して余白を切り取ります

好みのサイズに切り取って保存

ここでスクリーンプレイの出番!該当するシーンのト書きをチェック

失意のサブリナが命を絶とうと排気ガスを吸い込むのですが、なぜかチャーミング。

ト書きでは、こんな英語で説明しています。勿論、丸暗記。

Sabrina lays down and inhales the exhaust from the cars.

あとは⑦メールにト書き+画像を添付してスマホに送信

画像を見ながら情景描写出来れば、英語力も少しづつアップ。

(*DVDは、普通にプレイヤーで再生→テレビ画面を写メ→スマホで加工も可)

ト書き学習のポイント

欲張らない

ト書き学習に限らないのですが、とにかく欲張らないこと

一つのシーンに1~2文で充分

スクリーンプレイでは、かなり詳細なト書きで描写していますが、一文で充分。

一本の映画で、ワンシーン+一文描写を沢山集めた方が、ストレス無く続きます。

そもそもト書きがない

残念ながら好きなシーンで、ト書きがない場合もあります。

そんな時は、画面をプリントして、ネイティブの講師や友人に質問してみるのがいいでしょう。

その際も、欲張っていくつも尋ねるのは避けた方が賢明。せいぜい1~2つにしましょうね。

スポンサーリンク

まとめ

この学習は、スマホで手軽に確認できるのがポイント。

移動の際や空き時間でかなり実践しました。

さらにもう一つおまけが。ライティングにもじわじわ効きます

個人的に、かなり手応えを感じました。

目安として、好きな映画で50シーンほど集めてみましょう。

効果を感じると思いますよ。