【男性更年期障害】検査結果は出たものの

40代に突入すると、体調のコントロールが難しくなってきますよね。

加齢と供に自律神経が乱れ、不快な症状を引き起こすこともしばしば。

一方、男性ホルモンの減少で、不調が続くこともあります。

それが男性更年期障害

女性同様、ホルモンが減ることで、カラダに異変をきたします。

気になった方は放置せず、早目に対処しましょう。

スポンサーリンク

どこで受診するの?

男性更年期外来のある(泌尿器科などの)診療所、もしくは病院で受診できます。

検査は尿検査血液検査で、費用は¥4000ほど。

症状は人それぞれ

典型的な症状はいくつかありますが(気分の落ち込み、不眠、性欲減退など)、人によって異なるので、断言は出来ません。

原因不明の不調が続く場合は、自律神経の乱れや、加齢による体力の衰えなどもありえます。

私の場合は、こんなカンジ。

・頭なり(頭の中で異音がする)

・寝つきが悪い、眠りが浅い

・筋肉の硬直(肉離れの頻発)

・両膝、両踵の痛み

・胃の不快感

・喉のつまり

どの症状もありがちですが、いつどこで何科を受診しても、リラックス系の薬を処方されて終わり。

抜け忍
抜け忍

メンタルは無事なんだけどなぁ…。

そこで気になったのが男性更年期障害AMSスコ

出典:医療法人社団こころとからだの元気プラザ

男性更年期障害の判断に用いられるスコアです。

26点以下:正常 
27~36点:軽度 
37~49点:中等度 
50点以上:重度 

とにかく当てはまる箇所が多すぎ。中等度以上は疑いアリですが、私は合計47点にもなりました。

検査を受ける理由は充分。

検査結果は出たものの

尿と血液検査の結果は2週間ほどで解りました。

ですが、結果は異常ナシ。

男性ホルモンの分泌も、通常よりやや少ない程度で基準値。

数字で見る限り、健康だそうです。

抜け忍
抜け忍

そうなると不調の原因は一体…?

対 策

投 薬

医師からは投薬も勧められました。

漢方グローミンと言う薬です。

漢方は、以前も服用していましたが、あまり効果を感じなかったのでパス。

グローミンは薬局で買えるほどポピュラーで、皮膚に塗るタイプの軟膏。

いずれも効き目はマイルド。即効性も無いそう。

対処療法

症状が酷い場合のみ、適切な療法で対処すること(テストステロンの補充など)。

結局、医師の診断は、

抜け忍
抜け忍

「今後も末長く付き合え」って。

なんだかモヤモヤ。

筋トレと食事

運動と食事で、減少した男性ホルモン(テストステロン)が増えることもあります。

その際も激しいワークアウトは必要なく、軽い有酸素運動でOK

大切なのは運動後の軽いリラックス状態。

テストステロンは脱力した状態で分泌されるからです。

また、食材で積極的に摂りたいのはタマネギ

含硫化合物がテストステロンの合成を促すと考えられています。

東海大学の西村弘行先生が発見しました。

スポンサーリンク

まずは検査から

男性ホルモンの減少は、老化やストレスが加わり、重篤な症状を引き起こすことも。

特に気分の落ちこみや関節の痛み、睡眠障害などが続く場合は、最寄りの外来で相談することを強く勧めます。

何年もうつに苦しんでいた患者さんに、男性ホルモン、テストステロンを注射する「男性ホルモン補充療法」を行うと、症状が改善するケースは少なくありません。

引用:堀江重郎「ヤル気が出る!最強の男性医療」

くれぐれも一人で悩まず、専門医に相談、早目の対処で、症状の回復が見込めるかもしれません。

特に、こんな愚痴が頻繁に出てしまう方は要注意。

もう人生後半だから」「もう人生終わってるから

よく解ります。

よく解るんですが、せっかく元気なれるチャンスがあっても、気づかず手放したら、もったいないじゃないですか。

ホルモンの増加を意識して、後半生こそアクティブに過ごしたいもの。

思ったより長いですよ。人生ってヤツは。