【東京買取WARS】こんな本も売れる?「まんだらけ」 の査定はやっぱりスゴかった!-図鑑編-

最早マンガに限らず、あらゆるジャンルを網羅し始めたまんだらけ。

今なら、どんな本でも買取の対象になりそう。

そこで今回は図鑑を投入。

ちょっと持ち込みに苦労したけど、それだけの価値はあった!?

例によってブックオフの査定と比較してみました。

スポンサーリンク

今回のブツ

一体、何年寝かせていたのでしょう。

全く覚えていません。

 

原色魚類検索図鑑はブログネタで引っ張り出しましたが、残りの数冊を開いたのは、いつ以来?

 

こうやってページをめくると、やっぱり楽しいですよ。

 

昔は無人島に持って行きたい本を辞書と争っていましたが、それも納得。

 

豊富な情報量で、全く飽きません。時が経つのも忘れます。

ですが、それも今日まで。思いきって手放します。

スポンサーリンク

ブックオフ(阿佐ヶ谷南店) × 図鑑

まずはブックオフから。

 

早速、査定してもらうと720円で着地。かなり微妙なプライスに。

 

内訳は、

伝説の生き物大図鑑 400円
ミイラ事典 200円
原色魚類検索図鑑 50円
残りの3冊 20~30円
買取不可(2冊) 植物の図鑑
BIRD
合計 720円

抜け忍
抜け忍

うーむ。手放しても良いギリギリのライン。

 

なんせ図鑑の総重量は6.8kg

 

これを老体が運ぶのはキツい。持ち込むだけでも、かなりの重労働。

 

とは言え、まんだらけへ行かないと主旨がブレます。

 

しゃーない。ここは参考まで。さっさと中野へ向かいます。

 

抜け忍
抜け忍

重いぞ!マジで!

スポンサーリンク

まんだらけ(中野店) × 図鑑

実は結構、恥ずかしかった。

 

周りはマンガやらオモチャやら王道の査定。

 

そこへオッサン一人が図鑑の持ち込み。

 

え、それ売れるの?」みたいな空気に(←考えすぎ)。

 

参ったね。担当も海馬?見たことない。

何やら半信半疑で待っていると、スタッフさんが図鑑を眺めて一言。

 

買い取れそうなモノが何点かあります。もう少々お待ちくださいね。

 

ホッ。一安心。お金のために、ひたすら待ちます。

 

-査定タイム(スタッフ氏が端末とバックヤードで査定・約5分)-

 

全部で1400円になります。

抜け忍
抜け忍

ヤッターーー!

 

かなり古典的なスタイルで喜びましたが、「こんな重い本を持ち込んでブックオフより下回ったらどうしよう?」とか内心ヒヤヒヤしていました。

 

内訳は、

伝説の生き物大図鑑 500円
ミイラ事典 400円
化石図鑑 200円
原色魚類検索図鑑 200円
鉄道・自動車 100円
買取不可(3冊) 恐竜アトラス
植物の図鑑
BIRD
合計 1400円

買取不可が一冊増えても、このお値段(ブックオフの倍)。これを高額査定と呼ばずして何と言おう!

スポンサーリンク

大英博物館と化したまんだらけ

古本屋さんからすれば、図鑑の買取は敬遠されがち。

 

なんせデカイ・重い・売れない

 

いつまでも売り場スペースを占拠すると回転が悪くなり、下手すれば負債になりかねません。

 

なので、大概のお店では(よっぽどの専門店じゃない限り)買い叩かれます。

 

ですが、まんだらけは違いました。

 

きっかけはコチラの動画。

しょこたんが、お店の倉庫内で大量の図鑑に遭遇(4:02~)。大はしゃぎしているではありませんか。他にもレアな本・マンガ・玩具が所狭しとギッシリ。

 

これで彼らの最終目的もわかりました。どうやら豊富な資金力で古今東西の珍品を集め、大英博物館のような巨大施設を目指しているようです。

 

実際、中野ブロードウェイ4Fの変やは、展示と販売をドッキングさせた素晴らしい作り。

抜け忍
抜け忍

近隣の方は、一度行ってみて!

 

その際、図鑑を持ち込んでも良いでしょう。

 

ただし注意点も。

 

一般の書店で見かけるモノでは査定が厳しくなります。

 

例えば、こんなラインナップならアリ。

× 植物図鑑 → 食虫植物図鑑
× 魚類図鑑 →  深海魚図鑑
× 蝶の図鑑 →  ヒマラヤの蝶の図鑑

 

あくまで一例ですが、より深く狭く掘り下げた方が、高額査定を期待できます。

 

ご参考までに。