【丼太郎】都内最安(380円)の衝撃!キミは朝牛皿定食に挑んだか?

ここは都内の一等地・茗荷谷

なぜ爆安で牛丼を提供出来るのか。

考えたが答えは出ない。

ただ、これだけは言える。

丼太郎の牛丼は至高

味・ボリューム・コスパが、ここまで揃った丼ぶりを他に知らない。

もはや丼界の重鎮になりつつある店舗に今日も今日とて直撃!

スポンサーリンク

店舗情報

営業時間が下記に変更されています。お店に行く際は気をつけて。

住所:東京都文京区小日向4-5-9
電話:03-3944-5918
営業時間:[月~金]7:00~22:00
        [土日・祝]10:00~18:00

ありえない!牛皿定食が380円だと!?

発作のように突然訪れる牛丼への飢え。

胃袋は既に臨戦態勢。

我慢なんかできっこない。

 

そうなれば一目散に茗荷谷へ。改札を抜けるや、サラブレッドのように飛び出す俺。

 

しかし、お店に入る一歩手前でフリーズ。

 

店舗メニューを見て仰天!

 

抜け忍
抜け忍

ありえない!牛皿定食380円だとぉぉおぉ!

 

何が起こった???しかも、よく見ると、となりの朝定食は250円

 

と言うことは、差額の牛皿は、たった130円!!!

 

抜け忍
抜け忍

なんたる衝撃!21世紀最大のインパクト。

 

どうやって利益を出しているのか一切謎。

牛皿定食と心中することにしました

厳密には朝牛皿定食なので11:00までなんだけど、そんなことは置いといて。

 

トレイに並んだ布陣を見てください。

・牛皿  ・卵
・みそ汁 ・海苔
・ごはん ・お新香

全6品で380円

 

これが、どのくらいスゴいかって言うと、

・吉野家 牛丼(並) 387円(税込み)
・すき家 牛丼(並) 350円(税込み)
・松 屋 牛丼(並) 380円(税込み)

大手3社(単品)と比較しても値段が変わらないどころか、他に5品も付いてくると言う奇跡。

 

牛皿もズシッと重い。汁もダクダク。

抜け忍
抜け忍

脳汁も止まりません。

朝牛皿定食 -俺なりの食べ方-

牛皿定食の食べ方にも、色々な流派があるらしい。

しかし、俺の食べ方は一貫している。

 

まずTKG。

 

そして牛皿をぶっかけて、お新香を乗せる。

抜け忍
抜け忍

完璧。

 

次に海苔。

袋の中で折り目をつけて、ニジニジと4分割。

 

あとはみそ汁へ投入。

言っちゃなんだが、味噌汁の具はほとんど無いので、海苔でグレードアップすると言うわけ。

 

抜け忍
抜け忍

さて、食べるど!

 

まずは、牛肉とTKGを絡めて。

 

ぬぐおっ(悶絶)!

 

抜け忍
抜け忍

タレが良く染み込んでいるではないか!なんちゅー贅沢な牛丼や!

 

甘めのタレをまろやかな卵の風味が包み込んで、ウマさは極限。

 

そして with お新香。

シャリシャリとした食感が加わり、さらに美味。これをマズイとか言っちゃう人は、脳ミソをCTスキャンで見てもらってください。

 

トドメの味変。ドバッと七味。

 

抜け忍
抜け忍

…あのさ。決めたわ。死ぬ直前の食事、朝牛皿定食にするわ。

 

感動と感謝からの完食!

スポンサーリンク

SAVE THE ★ 丼太郎

今回も大変満足できました。

完璧すぎます。

しかし、一片の不安も。

 

抜け忍
抜け忍

この値段で持つのだろうか…

 

余計な心配なのは百も承知だが、突然閉店だけは勘弁してほしい。

 

抜け忍
抜け忍

政府はこの店の存続を検討すべき。

 

マジで。

とにかく今は通える限り通って、お金を落とそう。

なんせ安い。しかもウマイ。

 

抜け忍
抜け忍

店舗様にひたすら感謝でございます。

 

そんな丼太郎に敬意を込めて。

茗荷谷の奇跡と呼びたい。