北欧神話のモンスターを危険度別にまとめてみた!【荒ぶる巨人と魔物たち】

近頃、北欧神話の認知度も上がって、世間で目にする機会も増えてきました。

そんな今だから、改めて取り上げてみたくなった次第。

特に今回はモンスターに絞って記事にしています。

多分、男子が好きそうな企画。

一番、楽しんでいるのは管理人なんですけどね♪

 

スポンサーリンク

北欧神話のモンスターたち

アングルボザ【危険度★☆☆☆☆】

出典:Norse and Viking Mythology 

ロキの奥さん。つまり後述するフェンリルヨルムンガンドヘルのお母さん。

彼女自身は穏やかな巨人ですが、遺伝子のなせる業か、最凶の怪物たちを産んでしまいます。

悪い意味でロキとの相性は抜群でした。

グルヴェイグ【危険度★☆☆☆☆】

出典: Kickstarter.com

ヴァン神族の魔女。アース神族に「セイズ呪術(魂を肉体から分離させ移動させる呪術)」を伝えました。

その際、性的な快感が伴うため、アース神族の女神たちは大ハマり。

堕落を恐れたアース神族は、グルヴェイグを処刑しますが、この一件でアース神族とヴァン神族は険悪に。

遂には神々同士の戦いへと発展しました。

ニーズヘッグ【危険度★★☆☆☆】

出典:GameSoul.it

世界樹ユグドラシルの根元に生息。

強力な牙で根っこに噛みつき、養分を吸収しています。

放置しておくと、世界樹が危険にさらされることからエントリー。

ガルム【危険度★★★☆☆】

出典:Grumpy Lokean Elder

冥界の番犬。

女王ヘルに仕え、脱走者は一人残らず噛み殺すほどの獰猛さ。

ラグナログでは数々の戦士に傷を負わせますが、最後は隻腕の神テュールと相討ちに。

スポンサーリンク

スコルとハティ【危険度★★★☆☆】

出典:History of Vikings

世界を照らす太陽の女神ソールと月の神マーニ。

これを疎んじた巨人たちは、恐ろしい2匹のオオカミを遣わせます。

その名もスコルとハティ。

2匹は、それぞれソールとマーニを食らい、世界は闇に包まれました。

ウートガルザ・ロキ【危険度★★★☆☆】

出典:norse-mythology.net

巨人の国ヨトゥンヘイムの都市・ウートガルズの王。

旅の途中に立ち寄った雷神トールや邪神ロキら一行を、得意の幻術で困惑させ、士気を挫いてしまいます。

この件ですっかり自信を無くしたトールたちでしたが、ウートガルザ・ロキも彼らの高い攻撃力を警戒。

都市ウートガルズを守るため、街ごと姿を眩ましたのです。

フルングニル【危険度★★★☆☆】

出典:ancientpages

巨人族の猛者。

トールとの一騎討ちに挑みましたが、彼の従者から盾を置くよう指示。まんまと一杯食わされ、大槌ミョルニルを食らって絶命。

しかし、投げつけた砥石もトールの頭に刺さるほどの威力で、かなりの大ダメージ。

まともに戦っていたら…。

フェンリル【危険度★★★★☆】

出典:vikingdragon

前述したアングルボザの長男でオオカミの巨人。

神々から危険視され、絶対ほどけない魔法の紐・グレイプニルで繋がれますが、ラグナログでは拘束を解かれ、猛威を奮います。

巨大な口を開いてアースガルズに襲いかかり、最高神オーディンを飲み込んでしまいました。

スポンサーリンク

ヨルムンガンド【危険度★★★★☆】

出典:pixiv

アングルボザの次男で大蛇の巨人。フェンリル同様、神々から疎まれ、海へと捨てられますが、海底で巨大な蛇に成長。

その大きさは人間の国・ミズガルズを取り囲むほど。

最終戦争では大津波を巻き起こし、毒の霧を撒き散らす暴虐ぶり。

最後は、神々で最も戦闘力の高い雷神トールと死闘の末、息絶えました。

ロキ【危険度★★★★★】

狡猾で残忍、悪知恵のエピソードはきりがありません。

特にヘズをたぶらかし、兄である光の神・バルドルを殺害した事件は最悪で、ロキは追放、毒蛇の拷問を受けます。

しかし、なんとか生き延び、二人の息子フェンリルとヨルムンガンドを率いて巨人たちに加勢。

最終戦争ラグナログでは、大災害をもたらしました。

スルト【危険度★★★★★】

出典:The Pagan Beanstalk

意外かもしれませんが、単体の危険度はスルトがNo.1。

最も古い巨人の一人で、灼熱の国ムスペルヘイムの首領。

赤々と燃える炎の剣は、アースガルズの三大神・フレイを一撃で殲滅。

火力も強力で、世界樹ユグドラシルを焼き払い、この世の全てを火の海に沈めたのはスルトの業火。

率いる炎に包まれた軍勢も大変危険で、彼らを自由に統率出来ることから、広範囲で同時多発的に被害を与えることも可。

スルトを敵に回した瞬間、アナタの命は間違いなく終わります。

スポンサーリンク

最凶はどいつだ?

当初は肉弾戦のみで順位付けする予定でした。

ただ、そうなると単純接触でダメージを与える巨人だけに限られてしまいます。

そこで、間接的な被害度を含めて、もう一度、順位を見直すことに。

思案に思案を重ねた記事で、バランス良くランキング出来た!?

抜け忍
抜け忍

完全自己満です。あしからず。

例えばアングルボザ。彼女自身の攻撃力は大したものではありません。しかし後の厄災になる三人の巨人(フェンリルヨルムンガンドヘル)を産んだことは、アングルボザにしか出来なかったこと。

冥界の女王ヘルはアングルボザの三女 出典:norse-myth.com

ロキの遺伝子を強力なモンスターへと変換させた点で、彼女はやはり危険。

スコルとハティは、常世の闇をもたらし、天変地異を引き起こした張本人。

もしも太陽が消えれば、生命に必要なエネルギーを確保出来ず、植物や農作物は勿論、人間そのものにも大きな被害をもたらしたはず。

ウートガルザ・ロキの幻術は、かなり強力。

危険と見るや、自国を視界から消し去るほどの魔力は、北欧の神々よりも上。

本気を出したら、(恐らく)相手の精神破壊も可能で、スルトやロキに劣らない実力者。

ただ、それらを考慮してもスルトの力は最上位。

イメージ的には「火の七日間」。

出典:風の谷のナウシカ

スルト自身も神と同等かそれ以上の力を秘めていますが、率いるムスッペルたちもかなり強力。

抜け忍
抜け忍

うーん。結局、みんなヤヴァそうだけど???

数字で計れない被害を考えれば、どれもヤヴァイ連中なんですけどね。

そしてそんなことを考えながら、妄想を巡らせる管理人も、まあまあヤヴァイ。

でも、楽しいからイイじゃない。

異論・反論、勿論、受け付けます。

お問い合わせまでご一報ください。