テイクアウトで楽しむ韓国料理 〜荻窪 × 荻窪キムチ〜

韓国料理のテイクアウト(荻窪)

記録的な猛暑が続く今日この頃ですが、こんな時こそしっかり食べて、暑さをぶっ飛ばしたい!

 

たださえ食の細い私は、より一層意識しています。

 

抜け忍
抜け忍

それはわかったけど、なんで暑いのに、外で食べるの?

 

その理由は本文を読んでください。テイクアウトで食が進むこともあるんです。

スポンサーリンク

店舗情報

住 所:杉並区荻窪5−23−11
電 話:03−3398−2258
営業時間:10:30〜21:00
休 日:日曜日
スポンサーリンク

荻窪キムチのメニュー

基本的には自家製キムチの持ち帰りがメイン。

白菜キムチ(200g):520円
白菜キムチ(300g):690円
白菜キムチ(500g):1150円
カクテキ(200g):500円
オイキムチ(200g):580円
切り干し大根キムチ(150g):550円
ニラキムチ(150g):580円
セロリキムチ(150g):590円
長いもキムチ(200g):580円etc‥
抜け忍
抜け忍

全て税込みだよ。

 

あとは定番のお弁当やお惣菜など。

抜け忍
抜け忍

今回は長いもキムチ豚肉キムチ丼をチョイス!

スポンサーリンク

大田黒公園 × 荻窪キムチ

大田黒公園は杉並区民御用達の庭園。テイクアウトでランチするならココ一択。

 

荻窪キムチからは、行き方が難しいのでナビします。

荻窪キムチ → 大田黒公園まで

荻窪キムチを、ちょびっと引き返してCoCo壱番屋を右折。

 

まっすぐ大通りにぶつかるまで歩いたら左折。

 

クリーニング屋さんと不動産屋さんの間を右折。

 

ひたすらまっすぐ。三叉路も真ん中を直進。

 

信号が見えたら左折。

 

こんもりとした緑の木立を発見したら、ゴールはすぐそこ。

 

正門に到着。荻窪キムチから徒歩約6分。

一人でも楽しい大田黒公園のランチ

大田黒公園
住 所:杉並区荻窪3−33−12
営業時間:9:00〜17:00
休 日:年末年始

この日の気温は35℃超。まだ6月だと言うのに、早くも猛暑日をマーク。信じられません。

 

もっと信じられないのが、これだけ暑いのフラフラ出歩く四十路。虚弱体質なのにね。

 

でもね。

 

やっぱり素晴らしいんですよ。この庭園は。

しかも入園料ゼロ!

 

お家に閉じこもってる場合じゃありません。水辺の離れなら、日陰で涼めることはもちろん、穏やかな水音を聞きながら、テイクアウトを持ち込めば、とても贅沢な時間になりそう。

 

ロケーションだって最高。

 

ついでに貸し切り。生きてて良かった。安上がりだけど心からそう思います。

 

抜け忍
抜け忍

前フリ良いから早く食べろ!

 

スイマセン。引っ張りすぎました。まずは豚肉キムチ丼。ドスン!

 

一口食べたら容赦なく辛い!これが本場の洗礼ですね。関内で試食したとき以来の辛味です。豚肉とキムチの相性もバッチリ。

 

長いものキムチにもトライ。

 

お店の推しは白菜キムチやニラキムチだったのですが、長いもの食感が恋しくなったので。

 

予想通り、シャキシャキの歯応えにニンニクベースの汁が絡んで旨味が爆発!ありがとうございます。

 

そしてもう一度ロケーション。

キムチ汁の臭いに釣られて鯉もやって来ました。実際は違いますが、あまりにも可愛らしいので、一欠片あげたくなります。

 

ここまでをまとめると、

こんな案配。ここに穏やかな水音が加わります。

 

ね?食が進みそうでしょ?どんな贅沢な内装より数倍美しい。

 

今のところ杉並区民の特権ですが、区外の方も機会があれば是非。あなたの贅沢な時間は、きっと約束されます。

 

抜け忍
抜け忍

なんだか大田黒公園の紹介みたいになってしまったけど、荻窪キムチのテイクアウトも間違いないよ!

 

注意点
・夏場は必ず水分の携帯が必須
・夏場は食品の痛みが早い点も注意
・7月後半から蚊も目立ってくるので対策が必要