足底筋膜炎とはなんぞや?【症状と対策】

痛いんですよ。足底筋膜炎は。

歩けなくなります。治りも悪い。

だからと言って、家に閉じ籠っても良くはなりません。

回復に向けて努力が必要なワケです。

同じく足裏の痛みで、どうにかなりそうな方に届いて欲しい。

 

スポンサーリンク

足底筋膜炎とは 

出典:病院なび

足裏の足底腱膜が損傷すると炎症起こします。

それが足底筋膜炎

損傷と修復を繰り返すと、治りにくい状態へ変化することも。

原因と症状

原因は使い過ぎによるものがほとんど。

(ランニングやジャンプなど)スポーツや立ち仕事で、何度も足裏へ負荷をかけると、かなり危険。

肥満が足の負荷を増やすこともあるので要注意。

 

主な症状

・踵の鋭い痛み

・踵のピリピリした痛み

・土踏まずに沿った鈍痛

例によって私の場合ですが、上記3点の症状に悩まされました。

不意にやって来る鋭い痛みは、歩く気力を奪いますね。

怖くて次の一歩が出せないんです。

何科に行くの?

整形外科で受診してください。

レントゲンを撮ってもらえば骨棘(骨のトゲ)が刺さっているかどうかも確認出来ます。

足底筋膜炎の治し方(私の場合)

ストレッチ

ストレッチは初期の段階で、かなり有効でした。

具体的には、足指全体を反らし、ふくらはぎや脛の筋肉も伸ばして、緊張をほぐします。

足の筋肉は足裏へと繋がっているため、重点的にほぐすことで、かなり症状が軽くなりました。

インソール

足底筋膜炎の最も有効な対策は休息

ですが、家に閉じ籠って休んでいるワケにはいきません。

誰でも、外出はしますよね。

そんな時、有効なのが靴底のインソール

症状を抑える効果はありませんが、歩行時の痛みを軽減。

さらに靴下も踵の分厚いものを選んで、二重に対策。

長距離を歩いても、痛みを感じることは少なくなりました。

 

ちなみに100均のインソール 。

表面と裏面。意外としっかりした作り。

 

現在は?

私の場合、ちょっと特殊な原因で発症しました。

それはストレス

一年間、酷い動悸に悩まされたのですが、同時に過度の緊張が筋肉を硬直させました

筋肉の柔軟性が無くなると、常に関節を引っ張った状態が続き、捻挫や肉離れを繰り返し、日常の歩行も困難に。

足底筋膜炎もストレスの延長で発症したのです。

繰り返しになりますが、脛の筋肉やふくらはぎの筋肉は、アキレス腱や足裏へと繋がっています。

そのため、足の筋肉がこわばると、足裏の腱膜を引っ張り、炎症を引き起こします。

ですから、足の筋肉をほぐすことが、私の場合、かなり有効だったのです。

筋肉が緩むと、少しずつ痛みも和らぎました。

それでも、未だ完治していません。

スポンサーリンク

早めの受診を

ネットの断片的な知識よりも、まずは専門家に見てもらうことが大事。

その上で治療プランを組み立てるべき。

私も診察の過程で、ストレスが原因だったことが解り、具体的な対策を打つことが出来ました。

近頃は、年齢を問わず膝や踵に痛みを抱える方が多いそうです。   

一概には言えませんが、私と同じくストレスが原因かも。

それも含めて、何より早く、最寄りの整形外科を受診してくださいね。