本棚を晒す【珍本これくしょん vol.12 「アントニオ猪木責任編集 格闘魂」】

そこまで珍本かと言われれば、やや微妙だけど(2000年11月発行)、発見するや即ゲット。 

 

なんで買ったかって? 

 

理由は一つ。 

 

それはアンディ・フグの訃報記事。 

極真大好きマンだった自分にとって、彼の死が、どれだけショックだったことか。 

 

そんなアンディはスイス出身の空手家。

 

代名詞の「踵落とし」をひっさげ、空手界を席巻。その後、極真空手から正道会館へ移籍。

 

さらに舞台をK-1 GRAND PRIXへ移すと、大柄なファイター相手に大活躍。

 

1996年の大会では遂に優勝。K-1参戦から、わずか2年目の快挙でした。

 

-どんなルールで戦っても極真こそ最強-

 

そのことは自分だけでなく、全ての空手小僧を熱狂させたのです。 

 

抜け忍
抜け忍

空手は弱くない!顔面ナシルールでも強いんだ! 

 

鮮やかな勝利で空手の王政復古を掲げたアンディ・フグ。 

 

その彼が亡くなるなんて…いくら何でも早すぎる。 

  

同誌では猪木さんの編集らしく、ユニークな企画も多いのですが、アンディのインパクトは、あまりにも大きい。 

抜け忍
抜け忍

正直、他の記事は入ってこない…。

スポンサーリンク

「アントニオ猪木責任編集 格闘魂」のレヴュー

値段 ★★★★★ 100円。そりゃ買いますって。
内容 ★★★★★ アンディ・フグに尽きます。
遭遇率 ★★☆☆☆ 一点モノ。時の運としか言いようがありません。
スキ度 ★★★★☆ 雑誌云々より、とにかくアンディがスキ。極真時代からずっとスキ。

【その時、何が起こったか? in 2000】
同誌の出版は今から21年前の2000年。

 

その年、格闘技界に激震が走りました。

 

ヒクソン・グレイシー襲来

 

日本のファイターを次々と葬ったモンスターが、再びやって来たのです。

 

相手はパンクラスの船木誠勝選手。 

当時のサイン会(左はワタクシ) 
当時のサイン 

 

真性プロレスファンに「ガチ」の二文字は禁句ですが、船木誠勝率いるパンクラスは、そのガチに挑んだ超・格闘団体。

 

ルールも限りなくなんでもアリに近いものでした。

 

-そのトップが、ブラジリアン柔術の最高峰に挑む-

 

もうね。ファンタジーですよ。

 

船木ならやってくれるだろうと信じて疑いませんでした。そんな過剰な期待を背に、迎えた決戦当日。

 

結果は残酷

 

ヒクソンはワンサイドで攻め続け、船木は万人の観衆の前で、白目を剥いて失神。幻想は粉々に打ち砕かれました。

 

西暦2000年。

 

それはアンディ・フグが亡くなり、ブラジリアン柔術が格闘技界を飲み込んだ年。

 

その後も、柔術使いを倒すことはブランド視されましたが、それに勝る強豪が次々と表れ(アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ / ミルコ・クロコップ / エメリヤーエンコ・ヒョードルetc.)、いつしかグレイシー一族も表舞台から姿を消しました。

 

今や、アンディ・フグの全盛期を知らない方も増えましたが、私にとって彼は、依然として英雄であり、唯一無二の偉大なファイター。

 

 

記憶を掘り起こす度、その思いは強くなる一方なのです。