【ギリシャ神話と聖闘士星矢(セイントセイヤ)】 黄金聖闘士?青銅聖闘士? 原作の設定を読み解く 

読み解くまでもない!?

聖闘士星矢と言えば、誰がどう見ても、ギリシャ神話がモチーフですもんね。

でも、黄金聖闘士(ゴールドセイント)青銅聖闘士(ブロンズセイント)の由来はご存知?

知らない方は、この記事を読んで知ったかぶろう!

スポンサーリンク

人類史がベース

結論から言えば、聖闘士たちは、ギリシャ神話の人類史がモチーフ。

貴金属の名称を伴う点が特徴。

早速、種族ごとに見て行きます。

黄金の種族(=黄金聖闘士)

出典:聖闘士星矢

自然発生的に現れた最初の人類。

神に近い存在で、とても穏やか。争いもありません。

老いることもないのですが、寿命があるため、いつかは死を迎えます。

原因は全く解りませんが、いつの間にか消滅しました。

銀の種族(=白銀聖闘士)

出典:聖闘士星矢

黄金の種族が去った後の人類。

困ったことに、かなり好戦的。

本能に忠実で、殺し合いも日常茶飯事。

神への敬意も一切なく、呆れた大神ゼウスは、彼らを地下に幽閉しました。

青銅の種族(=青銅聖闘士)

出典:聖闘士星矢

青銅の種族に至っては、最早、カオス。

争いは、よりエスカレート。

文字通り青銅で武器を作り出し、他の動物まで殺めるように。

見かねたゼウスも人間たちの絶滅を決意。

初めての女性・パンドラを送り込むと地上は一気に混乱、最後はポセイドンの津波で滅ぼしました。

原作では、非常に人間臭く描かれた青銅聖闘士たちでしたが、実際のギリシャ神話では、蛮行を繰り返す救いようのない人種だったのです。

英雄の種族、鉄の種族

出典:Museo Nacional del Prado

ギリシャ神話には続きがあって、品行方正な英雄の種族(ペルセウス、ヘラクレスなど)から、最後の鉄の種族へと移行します。

しかし鉄の種族では、飢えや戦争など、荒廃した時代へ逆戻り。

一旦、盛り返したものの、進歩は望めなかったようです。

抜け忍
抜け忍

人間は同じ過ちを繰り返すんですね…。

英雄の扱いが雑?

聖闘士星矢に出てくる英雄の扱いは、

・ペルセウス→白銀聖闘士(ペルセウス星座のアルゴル)
・ヘラクレス→白銀聖闘士(ヘラクレス座のアルゲティ)

…なんかランクが微妙。むしろ雑魚気味。

ペルセウスもヘラクレスも、ギリシャ神話では超ド級の英雄。

英雄と言うのは半神半人のことで、神と人間のハーフ

人智を越えた強さを見せ、エピソードも盛り沢山。

思いっきり主要キャラクターのはずなんですが…。

その後、車田先生も猛省したのか、オデッセウスは黄金聖闘士になりました(蛇遣座のオデッセウス)。

抜け忍
抜け忍

そもそも黄道十二星座より、オリンポス十二神を黄金聖闘士にした方が説得力あるような。

こんなとこにもギリシャ神話

聖闘士星矢は、ツッコミだすとキリがないので(ウートガルザ・ロキとか)、一旦お開き。

ここでは、他にもギリシャ神話に影響を受けた作品をお届けします。

抜け忍
抜け忍

80’sテイスト強め!

イカロスウイング(プラレス三四郎)

出典:プラレス三四郎

プラレス三四郎に登場したイカロスウイングは、お馴染みイカロスから。

イカロスはミノタウロスの迷宮から脱出する際、父・ダイダロスから翼を与えられ、羽ばたくんです。

ところが、あまりの快適なフライトに気分は高揚。

天空へと近づいたのが運のつき。

太陽神アポロンの怒りを買い、溶かされた翼ごと墜落したのは、あまりにも有名な話。

ダイダロスアタック(超時空要塞マクロス)

出典:超時空要塞マクロス

ダイダロスは、イカロスの父で天才鍛冶職人。

ミノタウロスの迷宮も彼が製作。

ちなみにイカロスと供に幽閉されていましたが、彼のみ迷宮から無事脱出。

シチリアまで逃げ延びました。  

メーテル(銀河鉄道999)

出典:銀河鉄道999

ピンと来ないかもしれませんが、オリンポス十二神のデメテルが語源。

デメテルの正確な発音はデーメーテール。

メーテールは、古代ギリシャ語でを意味します。

999の設定にピッタリ。

ナウシカ(風の谷のナウシカ)

出典:風の谷のナウシカ

ギリシャの知将オデュッセウスは、トロイア戦争を勝利した後、帰りの航路でたどり着いた島の女性と恋仲に。

そのお相手こそ、王女ナウシカアー

勿論、ナウシカのモチーフ。

アダマンチウム(X-MENシリーズ)

出典: X-MEN ZERO

アダマンチウムと言えばウルヴァリン。

痛々しい注入シーンはショッキングでしたね。

語源はアダマスから。

ギリシャ神話ではクロノスのアレを(!?)を切り落とした鎌が有名。

アダマスという謎の金属で作られていました。

ヒッポリト星人(ウルトラマンA)

出典:ウルトラマンA

公式発表が無いので、未だに物議をかもしていますが、恐らくテセウスの息子ヒッポリュトスが由来。

ヒッポリトなんて、日本で生活していたら、ほぼ得られない語感ですよね。

スポンサーリンク

無限に広がる神話の影響

とにかくギリシャ神話の影響は広過ぎ。

全てを拾うことは絶対に不可能。

ドイツのHR/HMバンド・スコーピオンズの名曲「カロンの渡し守」もギリシャ神話からインスパイア

あらゆるジャンルに潜んでいるので、大まかなアウトラインだけでも抑えておくことをオススメ。

予備知識が増えれば楽しみも倍に。

抜け忍
抜け忍

出来れば単語も覚えたい。

神話的な展開が発生したら…萌えますぞ!