青春18きっぷ途中下車の旅【ご当地のうまいもん出てこいやー! Day−1】

この日をどれだけ待ったことか。

 

待望の旅行日和が遂に到来。

 

今年の夏は、例年にも増して台風や豪雨に見舞われ、旅立つ機会を逸することが多々ありました。

 

コロナの感染者が増えたことも、モチベーション低下の一つ。

 

しかし、お盆も終わり、感染者も減り初め、天気も2〜3日は持ちこたえそう。

 

さらに人出も少なくなってきたので「行くなら今しかねぇ!」と思い立ったワケです。

スポンサーリンク

旅のテーマとルール

うまいもんが食べたい!

 

基本的には、この一点突破で、貧乏旅行を楽しもうかと。

 

行く先は、東京から名古屋を経由して、北陸方面へ。最終目的地の金沢からは特急でワープ。一気に帰宅。使う18きっぷは2枚。普段、行く機会の無い場所だから、しっかり思い出作りに励みます。

 

抜け忍
抜け忍

当初は長野も行く予定でしたが、金沢〜長野間は第3セクターで18きっぷが使えず。それなら無理せず特急で帰ろうかなと。

 

早速、大黒屋で18きっぷを購入。3回分ですが、余った一枚は実家の帰省に使います。

 

旅のルールも2点だけ。

・急がない
・欲張らない

誰と競うワケでもないし、何か偉業を達成するワケでもありません。年寄りで体力もないので無理もできません。

 

優先順位は、忙しない都会を離れて、ダラダラと過ごすこと。それだけ。貯蓄とか老後のこととかイヤなことも一切考えませーん!

 

抜け忍
抜け忍

いざ!うまいもんだらけの旅へ!

スポンサーリンク

早川のうまいもん(なみ × 地魚フライ定食)

初日の中央線某駅。ここからスタートですが、停電で車両の遅れが発生。気分もどんより。ついでに天気もどんより。

 

ところが、最初の目的地・早川を目指すうちに天気はみるみる回復。現地到着後は、見事な快晴に!ヒヤッホー!

 

既にお腹はペッコペコ。思考停止でまっすぐ小田原さかなセンターへ。

 

お世話になったお店はコチラ。センター内の2階で営業するなみさん。

 

この日は土曜日でしたが、早い到着だったので、店内は貸し切り。

 

穏やかな雰囲気でオーダーを待つこと約10分。待望の定食がアジフライ3枚をひっさげ登場!

 

ファーストインパクトの感想は、コロモ軽っ!

 

アジのフワッとした身とサックサクのコロモが見事に調和。

 

抜け忍
抜け忍

アジの羽毛布団や!

 

噛むたびアジの旨味も感じるし、言うことナシ! 

  

ボリューム満点のフライは3枚でお腹イッパイ。しかも、もたれません。

 

トドメにあら汁まで良い仕事してくれたので、超絶満足!

 

抜け忍
抜け忍

ちなみに3種類のゴハンとあら汁はお代わり無料。新手のボランティアかよ!

 

食べ終わるまでの約15分間、ずっーーーっと「ウマイウマイウマイ!」の連続。多分、はじめてチュールをしゃぶった猫って、こんなカンジ?最高のスタートダッシュでした。

スポンサーリンク

焼津駅でひとっ風呂

なんで焼津?理由はありません。ただただ温泉が近かったから。

 

その名もエキチカ温泉くろしお

 

ブリッブリの残暑ですが(33℃)、お構いなしに温泉へ凸。オヤジと温泉は切っても切れない仲なんです。

 

抜け忍
抜け忍

この暖簾をくぐるために生きてる!

 

大浴場で足を伸ばして、ひたすら両脚をマッサージ。膝も股関節も年々痛む一方だから、少しでも良くなることを願いつつ。

 

抜け忍
抜け忍

ついでに腰と首のヘルニアも良くなってほしい!マジで!

 

交代浴 × サウナのコラボをキメたあとは、フカフカのソファで一休み。鬼滅・進撃・約ネバなど、話題になったマンガもどっさり。ここは満喫と温泉の複合施設なのです。

 

ほどよく脱力したところで、再び駅へ向かうとガラガラ。土曜の昼下がりなのにガラガラ。

抜け忍
抜け忍

This is 地方都市のリアル。

 

焼津って、静岡県でも中堅どころのイメージですが、ほとんど人は見当たりません。地方都市の現実を見ました。寂しいったらない。

スポンサーリンク

蒲郡のうまいもん(サンヨネ蒲郡店 × 塩ナッツのタルティーヌ)

蒲郡も、まず降りません。思いつくのは美魔女 × UMAJOの細江純子さん。

蒲郡は細江純子さんの生地

 

それ以外は何のイメージもありません。ですが、一生のうち一回くらいは下車しても良いかなって。

 

降りるやいなや、うっすら後悔。駅前のサビれっぷりが、かなりの年季。

抜け忍
抜け忍

「本とハカリ」ってなんスか???

 

このゴーストタウンぶり。焼津以上にハンパない。人っ子一人いません。

 

そんな駅へ、なんで降りたかって?

 

その理由はコレ!

広大な駐車スペースを有する東海地方の台所サンヨネ

 

店内も広々。最早テーマパーク状態。

 

物色も楽しい。「あぶり穴子ちらし」とか、どう見てもウマそうな一品も。

 

その後も、ウロチョロ物色しましたが、結局パンに着地。

豊橋のホテルが経営するパンだから、なんとなくハズレもなさそう。

 

お味は見た目どおり。硬い生地の上に、アーモンド・ピーナッツ・クルミ等がどっさり!

 

抜け忍
抜け忍

口の中はナッツフェスや!

 

どこまでもガリガリの食感と適度な甘じょっぱさ、そしてローストしたナッツ類の風味がタマランです!夏の塩分補給にもピッタリ。丁度、小腹も空いていたので、至れり尽くせり。サンヨネさんありがとう(もう来ないけど)!

スポンサーリンク

名古屋のうまいもん(若鯱家 × 名物カレーうどん)

蒲郡から電車で約40分。本日の宿泊地・名古屋に到着。

 

凄まじい都会っぷりにクラクラします。

 

ビルの数だけ仕事があるのは明白で、地方都市の過疎化と都会の過密ぶりは、今後も加速しそう。

 

抜け忍
抜け忍

地方で頑張るお店にお金を落としたかったけど、店も人いない現状を見て、なんとも言えない心境だよ。

 

ちょっぴりおセンチになりましたが、とりあえずお腹は空きます。

 

ここまで、かなり体力も削られてきたので、名古屋駅の地下街エスカで物色することに。

 

しかし、人気店はどこも行列・行列・また行列!そりゃそうです。土曜の夜で混まない方がオカシイ。

 

そんな案配だからお店も消去方で決定。一応、名古屋名物も抑えておきたかったので。

 

そして、このチョイスがとんでもないサプライズを生むことに!

 

一見、何気ないカレーうどんが到着。

 

一口スープをすすると…

 

抜け忍
抜け忍

えーーーー!カレーうどんって、こんなに美味しかった???

 

口の中で旨味が炸裂!とろみのある汁は、これだけで何杯も飲めるほど。クミンとターメリックは使っていそうだけど、どうでしょう?和風出汁 + 適度な辛味も主張して、100点満点のスープです!

 

麺自体も独特。女性の小指ほどもある太さで、ムチムチブリンな弾力。

 

具材は、かまぼこ・油揚げ・豚肉・ネギなどの王道路線。

 

とにかく、このスープがウマすぎて病みつきレベル。何を入れても美味しくなるのは確定。東京にもほしいくらい(消去法とか言ってホントにゴメンナサイ!)。

 

抜け忍
抜け忍

初日から、こんなウマウマな体験ができて満足度は120%!むやみにハードルを上げてしまった!?

 

とは言え、二日目もブレずにうまいもん巡りを徹底。小腹が空き続ける限り、前進あるのみ!