【渋谷ハロウィン】コスプレ美女に会うまで帰れま10!

渋谷ハロウィンは賛否ありますよね。

むしろ否が多いのかな?

ゴミの散乱や飲酒に喫煙、パリピも暴れ放題。

新しい催しなので、もう少し時間をかけて判断しても良さそうですが…。

そんな前置きはさておき。

この記事では「コスプレ美女10人に会うまで帰れません!」と言う、謎企画を実施。

完全無欠の自己満ネタになっております。

とっとと見てやってください。

スポンサーリンク

渋谷ハロウィンの女神たち

記念すべき一枚目。清楚な2人組に遭遇。

 

お次はポリスさん。ポーズもバッチリ。

 

シスターな学生さん。ちょっとはにかんで可愛らしいじゃないですか。

 

チャイナ服がイイカンジ。楽しんでね♪

 

ルフィを狭んで一旦休憩。ムキムキの実を食べた?メチャクチャ仕上がってる!

 

黒猫さんとメイドさん。これぞハロウィンなコスプレ。

 

キョンシーな童顔美少女。可愛いぞ!

 

初々しい学生さん。若いって素晴らしい!

 

ダルメシアンなお二人。犯罪レベルのキュートさ。

 

クールなお姉様方。目力強め。キリッ!

 

謎の般若面と美女。中々乙な組み合わせ。

総勢10名以上になったので、これでオシマイ。

撮影はハロウィン本番の前日、10月30日に行われました。

19:00渋谷着で21:00まで、ひたすら歩き通し。

何人も断られましたが、気力でコンプリート。

(総ての方に掲載許可を頂いておりますが、削除以来があれば、問い合わせまでご一報ください)

もう少し粘ろうとも思いましたが、21:00以降は、ほぼ身動き不可の混み具合。

人口密度のピークを迎えたセンター街

四十路の体力も尽き果て、帰宅することに。

実際の現場

この記事には裏テーマがあります。

それは、

実際行ってみたらどうなの?

何かとよろしくないイメージのハロウィンですが、喫煙者や泥酔している方、派手に騒ぐような輩やゴミの散乱等は見かけませんでした。

皆、警察官の指示に従い、マナーを守って楽しんでいたようです。

スポンサーリンク

今後のハロウィンは?

ホコテン(歩行者天国)」はご存知?

かつて週末の原宿も、駅から青山通りまでの2.2キロを若者たちが占拠しました。

カルチャーの発信地になった週末の原宿

同じように、ハロウィンもルールやマナーが少しずつ浸透、イベントとして定着しそう。

地元の飲食店にダメージがあったことや、税金を投じて治安を維持することに賛否はありますが、この流れは止まらないでしょう。

若者からガス抜きの場所を奪ってしまうのも、なんだかなぁと言う気はします。

ただ、「来年も参加する?」と聞かれたら、答えはNO。

オジサンが、お呼びでないことも良く解りました。

体力的に、もう無理。

少し悲しいことではありますが。