【HAPPY EGG(ハッピーエッグ) vs JUICY】どっちを選ぶ?新大久保でエッグトーストを食べ比べてみた【価格・サイズetc.】

良く見かけませんか?

新大久保でエッグトーストを頬張る女子。

抜け忍
抜け忍

オジサンも食べたいんだけど…

いつも横目でスルー。

並ぼうと思っていたけどスルー。

抜け忍
抜け忍

だって若い子ばっかなんだもん!

でも、あのビジュアルは反則。飛び出る具材のインパクトったらありません。

抜け忍
抜け忍

こうなりゃ食べ比べじゃ!

勢いと食欲のおもむくまま、トースト退治に行って参りました。

スポンサーリンク

HAPPY EGG(ハッピーエッグ)

HAPPY EGG(ハッピーエッグ)は言わずと知れたエッグトースト界の重鎮。

韓国で有名なことはもちろん、新大久保でトーストを食べるなら、まずココ。

HAPPY EGG(ハッピーエッグの)メニュー

・ベーコンエッグ(500円)
・ハムエッグ(500円)
・タッカルビエッグ(500円)
・ブルコギエッグ(500円)

全てお手頃なワンコイン。

今回は一番スタンダードなベーコンエッグをチョイス。

ベーコンエッグのサイズ

とりあえず近場の公園に到着。

改めてビジュアルを確認しましたが、中々のサイズ感。

 

実際に図ってみます。

 

縦は約10cm

 

横も約10cm

 

厚さは定規の余白を引くと、約5cmほど

 

抜け忍
抜け忍

つまり10×10×5cm。デカイわけだ。

 

横から。具材も奥までギッシリ。

ベーコンエッグを実食!

バターで焼いたパンの外側カリッ。中はフワッ。この厚みだから、食感の対比もわかりやすくて美味しい。

食べ進めると、さらにフワフワのスクランブルエッグとチーズが口の中でMIX。

非常にアメリカンなテイストになってきます。

個人的に白いソース(ちょっとサワーっぽい)が、やや合わなかったかな。

トータルでは全然アリ。

JUICY(ジューシー)

元々フレッシュジュース専門店からスタートしたJUICY。しかし今年の7月からトースト業界にも殴り込み。

やっぱり目を引くのは圧倒的なビジュアル。

実物はいかに?

JUICY(ジューシー)のメニュー

・ふわふわエッグサンド(600円)
・アメリカンハムチーズ(650円)
・てりやきBBQ(700円)
・ベーコンチーズ(650円)
・アボエッグ(700円)

お値段は、ややお高め。

なるべく似たようなチョイスにしたかったので、今回はベーコンチーズを選択。

ちなみにソースも選べます(3種類)。
・ブルーチーズ
・カレー
・バーベキュー

ベーコンチーズのサイズ

JUICYは店内で飲食も出来ます。寒いので中で着席してスタンバイ。

そしてやって来た現物がコレ。

抜け忍
抜け忍

もはやトーストの生け花。

どう見ても食べ歩きに不向き。

飲食中はソースと具が(いくら頑張っても)こぼれます。

 

図ってみると、やっぱりデカイ。

 

縦は約12.5cm

 

横は約10cm

 

厚みがまたスゴい。一番分厚い最上部で約8cm

トースト自体は約4.5cm

 

手に収まりきれません。

抜け忍
抜け忍

ビジュアルインパクトな!

これを今から胃袋に入れます。

ベーコンチーズを実食!

とにかくデカイ。少しずつかじりながら実食。

バター風味はハッピーエッグより、やや強め。ソースと一緒にスクランブルエッグにたどり着くと、やはりフワフワの食感。

味つけも濃い目。

でもこのジャンク感。キライじゃない。 

見た目通りボリュームで選ぶならJUICY。

お安く済ませたいならHAPPY EGG(ハッピーエッグ)。

スポンサーリンク

どっちを選ぶ?

個人的にはHAPPY EGG(ハッピーエッグ)に軍配。

味付けに、そこまで差を感じなかったので、500円であのボリュームなら充分。

もちろん若い方なら、JUICYも全然アリ。店内でフレッシュジュースを頼んでも◎。

忘れちゃいけないのは、どちらも食べ歩きに不向き

あのサイズをこぼさず完食するのは至難の業。

抜け忍
抜け忍

手がペタペタしてくるので、ウエットティッシュも、もらってね(店頭でもらえます)。

ちなみに待ち時間はどちらも10分前後。冬場は店頭で待機するのがキツい。

何よりあのサイズ。オッサンにはあれが一番キツかった。

やれやれ。歳はとりたくないもんです。