【新大久保】冷麺専門店の老舗「板橋冷麺」は冬こそ行くべき!

冬こそ冷麺!
抜け忍
抜け忍

冬に冷麺?

不思議ですよね。気持ちはわかります。

ですが、本場・韓国では冬こそ冷麺の季節。

寒い季節に暖房を効かせた室内で食べるのが王道。

そんな風習にならって、今回は板橋冷麺へ。

プルコギと冷麺の競演を堪能してきました。

スポンサーリンク

店舗情報

住 所:新宿区百人町1−21−4
電 話:050−5595−5891
営業時間:ランチ  11:00~15:00
     ディナー 17:00~23:00(L.O.22:20)
休 日:なし
スポンサーリンク

板橋冷麺のランチメニュー

やっぱり麺類がメイン。

 

あとはチゲさん。

 

その他の品々。

 

今回はプルコギ冷麺セット(1300円)を注文。

スポンサーリンク

プルコギ冷麺セットを思う存分堪能してみた

まず、何が嬉しいってオカズ盛り放題(お代わりナシ・1回のみ)。

 

7種類のラインナップからお皿にエイヤ!と盛りまくり。

 

その結果がコチラ。

 

抜け忍
抜け忍

これだけでお腹一杯になりそう。

 

もちろん全て手作りで手抜き感ナシ。感謝しかありません。

 

でもってメイン到着。

抜け忍
抜け忍

店員さんが「(ハサミで冷麺を)切りますか?」と確認してくれます。

 

まずは、そのままいただきます。

抜け忍
抜け忍

コシ強っ!

 

独特のコシの強さは噛みごたえ充分。日本のお蕎麦と全く違った麺なので、ある程度覚悟は必要。

 

抜け忍
抜け忍

モチっとした食感もなく、ひたすら硬い!

 

ただ、これだけではモノ足りません。

 

そこでプルコギを巻いて実食。

抜け忍
抜け忍

これがアホみたいにウマイ!

 

麺の硬い食感と肉の柔らかい食感。そこに甘いタレが絡んで一気に味変!この食べ方こそ正義。飽きずに最後まで召し上がれます。

 

フルーティーなスープも絶品。元々はキムチ(=水キムチ)の残り汁で作ったそうな。納得。

 

好みでお酢を入れるのもアリ。

 

ここに先程のオカズ群が加わって満足度も最高潮。

結局、オールシーズン食べたくなってしまうと言うオチ。

 

最後にまとめ。

冷麺を冬に食べる理由
・ルーツは北朝鮮
・そもそも冷蔵庫がなかった
・冷たい料理は真冬に食べるしかない
・暖房の中で食べる冷たいスープは格別
・現在はオールシーズン食べられる

 

「冷麺 = 夏」は、もう古い。真冬に入店して堂々と注文するのがデフォ。

 

抜け忍
抜け忍

冷麺ですけど何か?

 

ドヤ顔でオーダーして通ぶりましょう!