一人ぼっちの御岳登山【大人の夏休みの過ごし方】

去年の御岳登山は、ちょっぴり寂しい冬景色。ギリギリ紅葉に間に合わなかったのです。

 

抜け忍
抜け忍

来年は春山登山じゃ!

 

その勢いも3月からの外出自粛で崩れ去り、時は流れて8月下旬。

もう時間がない。自粛も限界。しかも9月上旬は天気がよろしくない。

 

抜け忍
抜け忍

夏山に行くなら今しかない!今しかないんだよ!

 

太古から手付かずの自然を拝むべく、オッサンは一人、御岳山へと向かったのです。

スポンサーリンク

装備と準備

最低限の軽装ですが、押さえるところはしっかりと。

・帽子
・タオル
・日焼け止め
・飲み物
・角砂糖

あとは、分厚い靴下ウォーキングシューズで足下を武装。

朝食は軽め。山に入る2時間ほど前に済ませます。

登山中は重いものを食べません。素早くエネルギーに変わる糖分などがメイン。

いざ入山!四十路ぼっち vs 御岳山!

前回の登山から約8ヶ月。

学んだことを生かすべく、夏の御岳山にトライ!

…とか鼻息荒めですが、純粋に景色を楽しみたいかな。

細かいルートは前回の記事でも触れてます。

御嶽駅→ケーブルカー→御岳山までの順路は省略。

まずは定番の御嶽神社へ。

御嶽神社

スタートは9:15。

出だしは快調。足取りも軽い。

抜け忍
抜け忍

高まる~~~!

 

夏山の景色に早くもうっとり。

 

階段を登りに登ってノスタルジックな商店街を抜ければ…

 

そこには第一ステージのラスボス・御嶽神社が。

 

全力でお参り。登山の無事を祈ります。

この日は、なぜかゴールデンレトリーバーの遭遇率が高め(*犬にご利益のある神社です)。ワンちゃんもお疲れ様。

魔の三叉路

前回は七代の滝を見たさに真ん中の道をチョイス。完全な選択ミスでした。

急な段差を延々下って、かなり消耗した思い出が。

 

標識はたった600mですが、騙されちゃダメ。

抜け忍
抜け忍

マジで危険な急坂だらけ。健脚さん以外は回避した方が懸命。ケガの危険性も大。

もちろん今回はスルー。右のロックガーデンへ。

 

こちらは穏やかな山道。まるで修験者にでもなった気分。

七代の滝(ななよのたき)

再び標識に選択を迫られます。

正直、見送る予定だった七代の滝ですが、ここまでの過程が思ったより順調。ほぼ消耗していません。

抜け忍
抜け忍

こうなったら行くっきゃない!

しかし、これが極限の疲労を招くことに。

 

早速、道なき道の洗礼。根っこに捕まって少しずつ下へ。

抜け忍
抜け忍

最早アスレチック。

 

そろりそろりと下降。急げば命の危険も。

 

続・道なき道の洗礼。木の根が完全に進路を遮断。

 

約15分近くかけて、ようやく到着。

 

第二ステージのラスボス・七代の滝です。

なんやかんや来た甲斐がありました。糖分と水分を補給して小休止。暫く滝を眺めてリフレッシュ。

 

…散々マイナスイオンを浴びて10分ほど休憩した頃でしょうか。

そろそろ来た道に戻ろうと上半身を起こすや、急な立ちくらみが!

抜け忍
抜け忍

ヤバい!

この暑さとアスレチック並みの下りで、かなり消耗した模様。

登りはさらに時間をかけて帰還。元のルートに到着したときは、大幅に疲労していました。

抜け忍
抜け忍

猛省。この暑さ+滝までの急激な往復ルートは自殺行為そのもの。脚がガックガク。

ロックガーデン

調子に乗った報いですね。山をなめたらアカン。後半は、焦らず騒がず一定の歩幅で進みます。

 

「いつの間に岩場が増えたんだろう…」

 

七代の滝から、そろりそろりと歩くこと数分。気付けばそこはロックガーデン。

 

THE・手付かずの自然。

 

「素晴らしい」以外の言葉が見付かりません。頑張った登山者だけが拝める最高のギフト。

 

小休止ポイントに到着。時間は10:57。入山から約二時間。なんとか立て直しました。

 

お茶がウマい。酸素もウマい。

綾広の滝(あやひろのたき)

引き続き苔と岩の競演。

 

まるで古代遺跡?上へ上へと向かいます。

 

その先に現れたのが綾広の滝。

 

ここで御嶽神社の神事・禊(みそぎ)が行われてきました。清らかなカラダになるための新生な儀式です。

抜け忍
抜け忍

背筋が伸びるわ。

ゴールを目指して

綾広の滝を上から眺めて感無量。

 

またもや登り。登って登って謎の小屋へ到着。

 

御嶽神社まで1.8㎞を確認。山の神々よ。我に最後の力を授けたまえ。

抜け忍
抜け忍

謙虚に行こう。謙虚に。

 

色づき始めた木々もちらほら。

 

そしてゴール。再びスタート地点に到着。時間は12:00ピッタリ。約三時間の登山を堪能しました。

スポンサーリンク

登山を終えて【今回の反省】

ありがとう御岳山。

この景色を網膜に焼き付けた人は勝ち組。頑張って登った甲斐もありました。

抜け忍
抜け忍

贅沢な夏休みになったとさ。思い出がイッパイ!

その一方、反省点も幾つか。必ず次回に生かします。

反省① 細めな水分補給

午前中の涼しい時間帯で勝負!
これは正解。午後から気温が上昇するため、体力に自信の無い方は早めのスタートを。

それでも歩き始めれば充分暑い。もっと細めに水分補給すべきでした。極度の疲労を防げたかも。

反省② 歩幅とペースは一定に

登山初心者あるあるなんですが、どうしても他の方のペースを意識してしまう。気付けば、かなりのハイペースだったり。 絶対ダメなヤツ。

反省③ 休憩は10~15分程度

休憩は15分以上取らない方が良いですね。動くのが億劫になってしまいます。老体に鞭打って行くしかありません。

 

ちなみにロープウェイの混み具合は、こんな感じ。

なんせ夏休み期間中。しかも日曜日。もちろんマスク着用は大前提ですが、どうしても三密でギッシリ。

とは言え、大声で騒ぐ方も居ません。飛沫が飛び散ることもありませんでした。

 

抜け忍
抜け忍

山道の混雑も無かったよ。

 

やはり登山者はお行儀良い説。みんなルールとマナーをしっかり守ります。

そしてそれが解ったことも、何よりの収穫でした。最後に付け加えておきます。