一人ぼっちで思う存分楽しむサムギョプサル in 東京【全12店舗】

一人サムギョプサル

一人より二人。二人より三人。

みんなでワイワイガヤガヤ卓を囲むのが韓国料理の基本。

だから二人前以上のメニューが多め。

もちろんサムギョプサルもその一つ。

どこに行っても「注文は二人前から」がデフォ。

抜け忍
抜け忍

とは言え、一人でも頼みたいんです!思いっきり豚肉をほおばりたいんです! 

そんな怨念と執念の日々を結集させたのが、この記事。

約一年に渡る食べ歩きの総決算になりました。

スポンサーリンク

これまでお世話になったお店4選

いずれもランチタイムのメニューで、一人前から注文可能です。

イタロー / でりかおんどる新大久保2号店

イタローはやたらとゴハンが早めに到着。お肉が来るまでもワンテンポあって、さらに焼き上がりに時間がかかって…オペレーションはイマイチだったかな。

でりかおんどるは言うことナシ。万人向けかもしれないけど、ハズレもありません。安心して通えるお店。

 

おいらの肉屋 / ちゃん豚

おいらの肉屋は穴場。新大久保からちょっと歩きますが、鉄板で油を落とした肉はカリッカリで美味。これで980円なら納得しかありません。

ちゃん豚もマスト。一人サムギョプサルなら、絶対通過してほしいお店。特に木曜日のランチタイムは破格の750円。これ以上コスパの良い店は他に見当たりません。

 

スポンサーリンク

新たに開拓したお店8選

上記4選に加え、さらに究極のぼっちサムギョプサルを探す旅に出ました。

二人前の三文字に何度も門前払いを喰らいましたが、収穫もあったので結果オーライ。

抜け忍
抜け忍

リピート確定の店アリ!

アナタにもお気入りの店が見つかれば幸いです。

(注)引き続きランチタイムの利用です。

【新大久保】とんどこ × 鉄板サムギョプサル定食

住 所:新宿区百人町1-19-13 アサカワビルB1F
電 話:03-3361-7532
営業時間:[月~日]
     ランチ 11:30~15:00
     ディナー 15:00~20:00
定休日:なし

 

うお!いきなり嬉しいサプライズ!

 

写真よりかなりボリューミー。この豚肉の束!なんたる枚数の多さよ!

 

おかずも手抜き感ナシ。

 

キムチを挟めば至極!

これで980円!?穴場にもほどがある。

 

若干、新大久保から遠いけど、お値段以上の満足度。行くべし。

 

抜け忍
抜け忍

満足度★★★★★

【新大久保】水宝館 × サムギョプサル定食

住 所:東京都新宿区大久保1-11-1 大森ビル 2F
電 話:03-3208-1278
営業時間:ランチ 11:30〜15:00
     ディナー 17:30〜23:00(L.O 22:00)
定休日:日曜日
抜け忍
抜け忍

焼き肉屋さんのサムギョプサル定食だから、本気度も違うはず!

 

そんな淡い期待を抱いて訪れましたが…

 

ぶっちゃけ値段相応。はじめてサムギョプサルを食べた方なら満足するかも。

 

おかずもキチンと仕事しています。

 

お肉とのコラボで最後まで飽きません。

ただ、量的にはやや不満。

 

全体的にこじんまり。

 

「焼き肉屋」と言う設定でハードルを上げ過ぎたかも。他店と比べてしまうと…ね。

 

抜け忍
抜け忍

満足度★★★☆☆

【新大久保】板橋冷麺 × サムギョプサル定食

住 所:東京都新宿区百人町1-21-4
電 話:03-5937-6833
営業時間:ランチ 11:00~15:00
     ディナー17:00~23:00(L.O.22:20)
定休日:日曜日

ちょっと冒険。冷麺専門店で、あえてサムギョプサル定食を頼んでみました。

抜け忍
抜け忍

うーん。

 

冒険しすぎたかも。メニューでも推してなかったし。

 

サムギョプサルはちっちゃめで、「小皿に盛りました感」半端ない。ご飯と比べればスケール感も伝わるかな?すぐに食べ終わるので物足りなさも極限。

 

冷麺専門店で、あえてサムギョプサルを頼む必要はありませんでした。

 

唯一の救いはおかず盛り放題(1回のみ・お代わり不可)。

せめてタップリのおかずでシアワセになりましょう。

 

抜け忍
抜け忍

満足度★★☆☆☆

スポンサーリンク

【赤坂】ヌルンジ × サムギョプサル定食 

住 所:東京都港区赤坂2-13-8 赤坂ロイヤルプラザ 1F
電 話:03-3589-2583
営業時間:[月~金]11:30~15:00 17:00~翌5:00
     [土]11:30~翌2:00
     [日]11:30~24:00
定休日:なし

赤坂まで足を運んだ甲斐がありました。

 

正義定食(サムギョプサル定食)お待ち!

味・量供に◎。これでお値段1200円(税込み)。自動的にコスパも◎。赤坂でこの値段は絶対ありえない。

 

食べきるには、かなりの覚悟も必要。ボリューム満点でございます。

 

山盛りと化した豚バラさん。最高のビジュアル。永遠に眺めていたい。

 

たっぷりと油を含んだキムチは旨味のカタマリ。膨満感の主犯はコイツです。

 

抜け忍
抜け忍

サムギョプサルの醍醐味を存分に味わえる!満足度★★★★★!

【新中野】おこげ × サムギョプサル定食

住 所:東京都中野区中央1-40-6 味正ビル 2F
電 話:03-5937-0976
営業時間:【月~土】11:30~15:00(LO-14:30)
     【月~土】17:00~(LO-22:30)・(ドリンクLO-23:00)
     【日曜日】ディナーのみ 17:00~22:00(LO-21:30)
定休日:なし

かなりの穴場ですが、この店も無条件でオススメ。

 

どちらかと言えば、サムギョプサル定食と言うより、焼肉定食に近い雰囲気。

 

厚切り肉はカリッカリに焼かれてバツグンの食感。量的にも問題ナシ。

 

卓上のコチュジャンも忘れずに。

スープもコンソメベースで優しい味わい(ますます焼肉定食っぽい)。

 

唯一の難点は混雑。開店と同時に会社員さんが次々と入店(相席の可能性アリ)。ぼっちでのんびり食べる雰囲気はありません。

 

くれぐれもピーク時を外して行く方が無難。

 

ちなみに13:00以降は全品100円引き

一人でゆっくり食事を楽しみたい方は、混雑時を避けましょう。

 

抜け忍
抜け忍

満足度★★★★☆

【銀座】いふう × 彩り野菜のサムギョプサルランチセット

住 所:東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート 11F
電 話:03-3562-8671
営業時間:平日 11:00~16:00(L.O.15:00)
        17:00~22:00(L.O.21:00)
     土日祝 11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:不定休(マロニエゲートに準ずる)

この店は、ちょっと変化球。野菜重視でカラフルな見た目。

 

全く未知の体験だったけど、どんな野菜でもお肉との相性は◎。生野菜の食感も楽しい。

 

スンドゥブはちょっと残念。辛味が先行して出汁の旨味をごまかされた感じ。

お肉も、もう少し焦げ気味に焼いて欲しかったかな。

 

うーん。これで1500円とは…。コンセプトは面白いけど、正直お高め。

 

抜け忍
抜け忍

満足度★★★☆☆

スポンサーリンク

【西国分寺】ゴサリ × サムギョプサルセット

住 所:国分寺市西恋ケ窪2-6-6 1F
電 話:042-407-9145
営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
     ディナー 17:00~22:30(L.O.22:00)
休 日:火曜日

西国分寺で韓国料理と言うのも、中々見当たらずレア。

 

店内もカフェ調で落ちついた雰囲気。

 

サムギョプサルセットも、オシャレ感満載。

 

分厚い三枚肉は8枚。野菜もタップリ。

ちょっとコチュジャンが少なかったかな。でも脂の甘味は充分。素直に美味しい。

 

白壁で統一した内装もステキ。できればコーヒーでくつろぎたい。気の合うお友達と是非。

 

抜け忍
抜け忍

応援の意味も込めて満足度★★★★☆

【高円寺】ぎゅうばか × サムギョプサルランチ焼き肉

住 所:東京都杉並区高円寺北2-4-7 杉原ビル 2F
電 話:03-5373-6329
営業時間:[月~木・日・祝]11:30~21:00
     [金・土・祝前日]11:30分~21:00
     ラストーダーは閉店30分前
休 日:なし

水宝館に引き続き焼き肉屋さん。念のためもう一件やっつけたくて。

 

七輪でじっくり焼いて、ハサミでチョキチョキ。

全てセルフなので焼き加減も思いのまま。

 

あとはゴマ油に浸して巻くだけ。

特に問題なく美味しいけど、いかんせん量は少なめ。オカズも、もう少しヴァリエーションが欲しかったかな。

 

絶妙に炊き上がったお米は高ポイント(ふっくらで美味)。

 

抜け忍
抜け忍

満足度★★★☆☆

スポンサーリンク

【結果発表】サムギョプサルお一人様部門・抜け忍的ランキング

きっと探せばまだまだあります。

 

まだまだあるんですが、私の中ではひとまず完結。

 

抜け忍
抜け忍

お気に入りの店も見つかったし。

 

最後は極個人的なランキングで、締めくくりたいと思います。

第5位【新中野】おこげ × サムギョプサル定食

油断してたら、メチャクチャ美味かったパターン。本文中でも触れましたが、どちらかと言えば焼き肉定食っぽい。

これを純粋な韓国料理と呼ぶかは意見の分かれるところだけど、味・量供に満足できたのでランクイン。

13:00以降の入店で100円引きも嬉しい。

 

第4位【新大久保】とんどこ × 鉄板サムギョプサル定食

980円でパンチャン×4 + スープ。とどめに大皿のサムギョプサルがドスン。食べ終わるまでの20分は至福の一時でした。

新大久保駅から比較的遠めですが、腹ペコさんは是非。

 

第3位【赤坂】ヌルンジ × サムギョプサル定食 

赤坂の土地代を考えても、この値段は(1200円)はありえない。

肉の量もハンパない。油をまとったキムチと合わせれば、もはや食のバイオレンス。

恐るべき旨味のカタマリがあなたの脳と胃袋を直撃します。

 

第2位【新宿】おいらの肉屋 

やっぱり一人前のために、店員さんが焼いてくれるのが嬉しくて。

油が落ちてカリカリに焼き上がる肉を見るのも楽しい。

とんどこ同様、新大久保から遠めですが一度は行くべき。

 

第1位【新宿】ちゃん豚

結局、ちゃん豚かい!

そんなツッコミも聞こえそうですが、味・量・コスパ供にハイスコア。

特に木曜日は破格の750円で提供。

既にリピートしてますが、これからも木曜日 = ちゃん豚を意識して通うつもり。

 

総 評

次点はでりかおんどる。第5位のおこげと迷いましたが、13:00以降のコスパを優先しました。

 

1位は新宿のちゃん豚ですが、この店は他のメニューも美味しい。しかもランチタイムはワンコインから利用可。

 

曜日ごとの値引きや、スタンプカードの割引もあるので、通わざるをえません。

 

新大久保 = 韓国料理のイメージは強めですが、足を伸ばせば一人前サムギョプサルに力を入れている店は他にもあります。

 

各地で人気も需要もあることが、良くわかりました。

 

抜け忍
抜け忍

たまには新大久保を離れて、遠征してみては?

 

遠出した先で一人ぼっちでも、巨大な鉄板と豚肉の前では、ちっぽけな悩みに過ぎません。

 

むしろ食べることで元気も回復します。 

 

あとは通うだけ。

 

ぼっちサムギョプサルは、アナタの活力を回復する究極の一品です!