ぼっち最後の砦「あんぷり亭」の今 -後編-【現地からレポート】

事実をありのままに伝えるのは、時に残酷なもの。

 

抜け忍
抜け忍

「ハッピー」閉店は大ショック!思い出も一杯あっただけに…。

 

それでも読んだ方が何かしら感じていただければ…と言った主旨で書いてます。

 

抜け忍
抜け忍

堅苦しいテイストでスマン。

 

後編のテーマは「今後の利用はどうあるべきか?」。

 

実体験を踏まえた私なりの提案ですが、正解はありません。

あくまで参考程度に眺めてください。

スポンサーリンク

線引きをする

まずは大前提。

「線引き」とは遊ぶ際の基準を設けると言うこと(=ガイドラインを決める)。

例えば、

・女の子に来てくれと言われた
・友人に煽られて勢いで行った

今までは、こんな状況で遊びに行くことも、珍しくありませんでした。

ですがコロナ渦で状況は一変。

現在、同じようなシチュエーションで、もし感染したら…。

きっとアナタはお店や女の子、友人・知人を恨むでしょう。

それはお互いにとって、なんらプラスにならないどころか、関係そのものも破綻します。

タイミングは人それぞれですが、

・感染者数が10日連続で50人を下回った
・地元の感染者がゼロ更新を続けている

など、自分の中で充分納得してから遊ぶべき。

 

抜け忍
抜け忍

どこまでも自己責任だよ。

決して他人のせいにしないこと。

現場の衛生対策は?

レンタルルーム

レンタルルームの受付には、必ずアルコールを設置しています。

気になる方は、念入りに消毒してください。

ただ、うがい薬や除菌用ウェットティッシュなどはありません。

自前で持ち込んでケアするのみ。

換気も期待出来ません。窓付きのホテルを抑えるしかないでしょう。

女性の衛生対策

女性側の衛生対策は、

・マスクでの接客
・本指名のみの接客
・事前に手洗いとうがい

など。

いずれも個人の裁量に任せているようです。

感染の危険度について

都内の危険度は?

以下は遊びに行った2日間(10月2日10月8日)を含む直近10日間の感染者数です。

東京都の感染者数(10月2日~10月11日)
10月2日 196人(あんぷり亭新橋店へ)
10月3日 207人
10月4日 108人
10月5日 66人
10月6日 177人(ロッテ選手11人感染)
10月7日 142人(広瀬すずさん感染)
10月8日 248人(あんぷり亭立川店へ)
10月9日 203人
10月10日 249人(クラスター2件発生)
10月11日 146人

今回、心がけたことは「情報のスルー」。

特にタレントや著名人の感染はネガティブに報道されがち。足も遠退きます。

また、重症者が減っていると言う意味で、危険度は減少しました(感染のリスクは変わりません)。

最後に遊んでから、数日経過しましたが(10月12日現在)発熱や味覚障害など、顕著な症状もありません。

 

抜け忍
抜け忍

もう一日遊んでみようと思ったけど、持病がねぇ…やっぱコワイっス。

 

山手線内が危ない!?

東京都に限って言えば、山手線内は(若干)危険。

あくまで仮説ですが、

・所得の高い人間が多い
・海外に支店をもつ企業が多い

上記2点によるもの。

基本的に所得の高い方はアクティブで行動範囲も広め。日本国内はもとより海外へ足を伸ばすことも珍しくありません。

また、山手線内には海外に支社を持つ企業も多く、彼らが帰国した際、ウイルスを持ち込んでしまった経緯があります。

つまり、

行動範囲の広い人間が密集
     ↓
感染爆発の危険性が高まる

都心では、そんなシチュエーションが起きやすいのです。

今まで感染が確認されなかった理由

今からスゴく耳障りな話をします。怒らないでください。

ここでブラウザバックしてもらっても構いません。

やはり私なりの見解ですが、格安風俗で感染が確認されなかった理由はただ一つ。

 

ごく普通の方とごく普通の女性が集まるから

 

抜け忍
抜け忍

ホント耳障りでゴメン。

 

ごく普通と言うのは、平均的な所得と言うこと。

 

抜け忍
抜け忍

自分は普通どころか超ド級の底辺だよ。

 

行動範囲は所得に比例して拡大しますが、平均的な所得の方では会社→自宅→買い物のループで完結することも大いにありえます。

つまり、
・外国へ行くこともない
・派手な夜遊びもしない
・不特定多数で騒がない

そんな方たちが集まる格安風俗では、感染リスクも抑えられ、安全に遊ぶことが出来たのではないでしょうか。

ただ、繰り返しになりますが、これらは私が現場で感じた皮膚感覚。国の見解とは異なります。

引き続き参考程度に。

(いかなる損害についても、一切の責任を負いません)

まとめ【お店との付き合い方】

【お店との付き合い方】
・遊ぶタイミングは自分で決める
・細かい衛生対策はカスタマイズ
・正論マンにならない(糾弾しない)

最後に。

自戒を込めて書きますが、外野から石を投げる正論マンにならないでください

誰にでも起こりうることですが、私にもありました。

お店の初動があまりにも理想と違ったため、全てを否定したくなったのです。

今では、それが恥ずべき行為だったことを理解し、猛省しています。

同じ土俵で戦ってるならまだしも、外野から石を投げるだけなんて、みっともないったらない。

引き金を引けるのは引く覚悟のある人間だけ(=相応のリスクを背負う覚悟)。

集中砲火を浴びせて全面否定する前に、一歩引いて、発信者の意図を探るべき。

 

抜け忍
抜け忍

魔女狩りのような犯人探しも大変危険。特に相手を追い詰める行為は絶対禁止!約束だよ!

 

世の中が一変する中、今までと違った価値観に戸惑いますが、せめて思いやりだけは忘れたくないもの。

合わせて、業界の現状が少しでも伝われば幸いです。