オッサンだってモテたい!45歳がガチで筋トレに挑んだ結果【人格改造編】

筋トレのメリット=ホルモンぶち上げ

ホルモンの影響で人格が変わるそうな。

しかも前向きに。人によってはポジティブに。

抜け忍
抜け忍

ホントかしら。

どうでしょう?

個人的な実体験も交えて深掘りしてみました。

スポンサーリンク

テストステロンの効果

テストステロンはトレーニングで獲得できる定番中の定番ホルモンですが、その恩恵はいっぱい。

・骨や筋肉の維持
・性欲や性機能の維持
・血液を作るはたらき
・動脈硬化の予防
・メタボリックシンドロームの予防
・認知機能の改善
・チャレンジ精神の高揚

キリがありませんね。

いずれも男性が男性的な役割を果たす際、とっても大事。

さらに注目したいのが「社会性」。

・公平性が高まる
・何事に対してもフェア
・利他的行動が増える(ボランティア等)
・チームの和を重んじる

などなど。こちらは男性がリーダーとして機能するために必須。

つまりテストステロンが分泌することによって、

・自分の意見を主張できる
・競争力と社会性を持つことができる

みんなが理想とする、元気で前向きな男性像に近づけるワケですね。

逆に、その恩恵に預かれないとどうなるか。 

・性欲や性機能の減退
・やる気の減退
・興味の減退
・行動範囲の縮小

全体的にネガティブな傾向が高まります。テストステロンの低下が更年期障害を招くこともあるので要注意。

その際は、最寄りの泌尿器科で早めの受診を。

 

テストステロンを得るには

主に(無酸素・有酸素問わず)運動によって体内で生産されますが、やり過ぎは禁物

例えば長時間のマラソンや強過ぎるウェイトトレーニングなど。

分泌が減ることもあるので、運動は30分以内に終えるのが理想。

またリラックスすることも大事。

・ストレスを避ける
・睡眠時間を確保する
・自律神経をキチンと整える

肩の力を抜いて、トータルで健康を目指します。

スポンサーリンク

筋トレで人格は変わったか【4ヶ月続けた結果】

筋トレでは、ドーパミンやアドレナリンなど、他にもホルモンが分泌されます。

ですが欲しいのは、やはりテストステロン。

抜け忍
抜け忍

何度もスマン。

このホルモンの恩恵で、人格も人生も変えたい人は多いはず。

ワタシもそれを願って約4ヶ月頑張ってみました。

その結果は…

 

 

 

変わりません。

 

 

これと言ってポジティブになった手応えはありません。それでも、かなり自信は付きました。

筋トレと同時に(食事や運動などの)正しい知識を学んだからです。

それが結果として、テストステロンの増加に繋がるかもしれません。

ただ、いきなり性格が明るくなったとか、社交的になった等の変化は一切ナシ。

もっと長いスパンの観察が必要。

抜け忍
抜け忍

一ヶ月スクワット続けたら悩みがなくなりました!」…とか、たまに見かけるけど、たった一ヶ月のスクワットで解決する悩みってなんスかw

また、うつ病の改善などに筋トレを勧める方もいますが、何らかの精神疾患を患っている方は、まず専門医に相談すべき。

ゆめゆめ安易な情報に流されないこと。

繰り返しになりますが、現代人がもっとも疎かにしている正しい運動・正しい食事・正しい睡眠を取り戻せば、確かに体調は改善します。

ですが、人格が変わる・性欲UPなどは、また別の話。

まずは継続。継続あるのみ。

過度の期待は禁物です。