【新大久保】ヤンピョンヘジャンクで遭遇!噂の「ネジャンタン」は最強レベルのデトックスだった!

謎の韓国料理ネジャンタン

響きを聞いても全くピンと来ません。

キーワードはデトックス

抜け忍
抜け忍

はて?むしろ困惑。

こうなれば百聞は一見にしかず。

その実力を新大久保で体感してきました。

 

スポンサーリンク

店舗情報とアクセス

【ヤンピョンョンヘジャンク】
住 所:新宿区大久保1-6-12 2F
電 話:03-3208-5502
営業時間:11:00~24:00(ランチ~15:00)
定休日:第1・3水曜日

ネジャンタンはホルモンの縦断爆撃!

今回、お邪魔するお店はヤンピョンヘジャンク。

・ヤンピョン:ソウル北部の地名
・ヘジャンク:二日酔いを覚ます料理

もう店名からファンタスティック。

シラフで食べたらどうなるんでしょう?

 

抜け忍
抜け忍

カラダ中、浄化されそう。

 

メニューでも堂々と健康アピール。

 

牛骨の浮かびまくったコリコムタンに目移りしますが初志貫徹。宣言通りネジャンタンをチョイス。

 

ちなみにネジャンタンとは、胃袋など内蔵を煮込んだ料理のことらしい。

【牛の4つの胃袋】
1番目の胃袋:ミノ(食べた草を分解)
2番目の胃袋:ハチノス(食べた草を分解)
3番目の胃袋:センマイ(食べた草を分解)
4番目の胃袋:ギアラ(消化活動)

ミノ・ハチノス・センマイは食道が進化したもので、実質的な消化活動はギアラで行います。

抜け忍
抜け忍

脂ののったギアラはホルモンでも人気の部位。

 

ウンチクはおしまい。

 

ここからが本番。

 

えごまを崩しながら、

 

スープをいただきます。

見た目の仰々しさとは違ってあっさりとした味わい。ホルモンから旨味も溶け出してオイシイ!

 

もちろんコチュジャンを入れても◎。

 

具材にはネギの他にも、もやしがたっぷり。

 

カクテキも中々のサイズ。

 

ですが特筆すべきは、やはりホルモン。少なくとも大小合わせて20切れ以上は確認。これでもか!と言わんばかりにギッシリ。

 

付け合わせのタレがまた美味。爽やかな辛味でご飯も進みます。

 

格闘すること20分弱。ようやくごちそうさま。そして、ある重大な事実に気付きました。

スポンサーリンク

ネジャンタンの栄養価(と真価)

まずはホルモン。

【ホルモンの栄養価】
・高たんぱく質
・ビタミンA(粘膜の維持など)
・ビタミンB1(神経の調節など)
・ビタミンB2(脂質の分解など)
・ビタミンB6(皮膚や筋肉の合成など)

  

抜け忍
抜け忍

最早、栄養爆弾。

 

さらに気づいたことが3つ。

【ネジャンタンを食べて気づいたこと】
・咀嚼回数が増える
・唾液の分泌が増える
・カロリー消費が高まる

ポイントは咀嚼。弾力のあるホルモンを噛むことで自動的に咀嚼回数が増えます。

とにかく時間をかけてゆっくりと噛む。何度も何度も。

噛む回数が増えればカロリー消費や消化吸収も高まり胃腸への負担も減ります。

 

抜け忍
抜け忍

ダイエット効果もアリ♪

 

また咀嚼回数が増えれば唾液も増加。

 

抜け忍
抜け忍

唾液の少ない方は特に意識して。

 

唾液にもでんぷんを分解する作用がありますが、むしろ注目はパロチン

【唾液に含まれるパロチンの効果】
・食べ物の消化
・シミやシワを防ぐ
・皮膚の代謝を活発化
・筋肉や内蔵の代謝を活発化

知ってました?唾液にこんなホルモンが潜んでいること。

もちろん噛めば噛むほど、パロチンも分泌。

つまり、

【ネジャンタンの健康促進効果】
①栄養たっぷりのホルモン・野菜を摂取
②何度も噛むことで消化を促進
③何度も噛むことでエクササイズ
④とどめにパロチンでアンチエイジング

この①~④の組み合わせが、とんでもないマジックを引き起こすと言うワケ。

実際、翌日のお通じでは屋久杉サイズの大物とご対面。

抜け忍
抜け忍

バッチくてゴメン!

とにかく咀嚼。歯応えのあるホルモンを噛んで噛んで噛みまくる。

それだけでデトックスも若返りも思いのまま!

スゴくない???