【新大久保】ヤンピョンヘジャンクFINAL!気になるメニューをやっつけたぞ!【ピョタギヘジャンク / ドガニタン / ソンジタン】

とにかく未知のメニューが多すぎ。

 

ヤンピョンヘジャンクへ行くたび、気になってしょうがない。

 

抜け忍
抜け忍

いつも目移りするよ!

 

そこで今回は、モヤモヤを解消すべく3つのメニューにトライ。

・ピョタギヘジャンク
・ドガニタン(トガニタン)
・ソンジタン

 

それぞれ日をおいて新大久保へ向かいました。

 

抜け忍
抜け忍

果たしてネジャンタン越えなるか!?

スポンサーリンク

店舗情報

住 所:新宿区大久保1-6-12 2F
電 話:03-3208-5502
営業時間:11:00~24:00(ランチ~15:00)
定休日:第1・3水曜日
抜け忍
抜け忍

新大久保駅から徒歩8分くらい。ちょっと歩くよ。

スポンサーリンク

ピョタギヘジャンク

いきなり謎。全く想像できません。

 

ピョタギとは「骨のかけら」らしいのですが…なんのことやら。

 

百聞は一見にしかず。

 

えごまたっぷりのピョタギヘジャンク様です。

 

主役は柔らかく煮込まれたウゴジ(白菜)。

 

そしてコレ。

 

抜け忍
抜け忍

骨のかけら」???

 

わかりにくいのでお皿に置いてみます。

 

きっと、まだわかりにくいので、スープに浸かっている本体を引き上げます。

 

抜け忍
抜け忍

モロに背骨やん!

 

そうなんです。この骨回りの肉をこそげ落として食べます。

 

タレに付けて。

 

抜け忍
抜け忍

うまいね!

 

スキッとした辛味のあるタレ(ネジャンタンのタレと同じ)が合います。

 

ようやくスープも。

 

抜け忍
抜け忍

うーん。

 

出汁のうま味と言うより辛味の方が際立ったかも(むせるほどではないけど)。豚骨のような「こってり系」でもありません。濃いめの味が好きな方向けかな。

 

とりあえずクッパは間違いなし。

 

ごちそうさま。

スポンサーリンク

ドガニタン(トガニタン)

お次はドガニタン(トガニタン)。

 

牛の膝軟骨と周辺の肉を煮込みに煮込んだスープ。

 

抜け忍
抜け忍

かなりのレアメニュー。食べられるお店もほぼ無いよ。

 

怖いもの見たさで頼んでみました。

 

一見、ソルロンタンと変わりません。

 

スープは◎。胡椒ベースですが、キチンと牛さんから出汁が出ています。ぶっちゃけソルロンタンです。

 

お好みでお塩も。

 

そしてお待ちかねの軟骨。

 

やっぱりタレへ。

  

 

ファーストコンタクトは…

 

 

 

抜け忍
抜け忍

?????

 

 

  

柔らかっ!

 

いや、柔らかいとかそんな形容詞では追い付きません。咬筋力ゼロでクニャっと噛み切れます。

 

よくある鳥軟骨のようにコリコリした食感を想像していましたが、良い意味で裏切られました。

 

これがネギと一緒にスープに in。しかもどっさり!

 

満足×満足。これでもか!ってくらいコラーゲンをチャージ。

スポンサーリンク

ソンジタン

最後はソンジタン。

 

これも頼んでみたかった。

 

ソンジは牛の血を固めたもの。中々日常で食べる機会もないですよね?

 

抜け忍
抜け忍

興味津々。

 

ソンジご一行の到着。パット見は、ほぼネジャンタン。

 

抜け忍
抜け忍

ホルモンの臭いが立ち込めてタマラン!

 

スープは最高!勝利確定!ずっと飲めるヤツ。

 

もやしもタップリ。

 

おなじみの胃袋も少々。

 

抜け忍
抜け忍

あれ?ネジャンタンと変わらなくない?

 

 

変わります。

 

 

ホルモンの代わりに大量投入されているのは…

 

 

コイツ!

 

断面も100%牛の血。チョコレートみたいだけど血のブロック。

 

プレーンで食べると、煮こごり?みたいな食感。若干、後味に独特の風味も残ります。

 

そこでタレの出番。

スキッとした辛味がクセのある風味を相殺。

 

ただ問題が一点。

 

ソンジめっちゃ多い!

 

しかも減らない。

 

一つ一つのクセは少ないものの、量をこなすと徐々に「ウッ!」ときます。

 

抜け忍
抜け忍

なんとか食べたけどね。

スポンサーリンク

オススメ順にランキングしてみた

これまで5つのメニューをいただきましたが、ハッキリ差がついたので、ランキングしてみました。

 

5位 ピョタギヘジャンク

ちょっとハードル上げすぎたかも。どちらかと言えば辛味が目立った気がします。もっと出汁が主張してくれれば。

 

4位 コリコムタン

これはピョタギヘジャンクにも言えることですが、巨大な骨から肉を外す手間がとにかく大変!そのわりに身も少なめで、ちょっと残念。

 

3位 ソンジタン

ボディブローのように、ジワジワとソンジのクセが効いてきます。話のタネに食べるなら半半(ネジャン+ソンジ)で充分。スンデが大丈夫な方も油断禁物。スープは Great!

 

2位 ドガニタン(トガニタン)

優しい出汁がひたすら好きなんです(ソルロンタンも期待出来そう)。ゴクゴク飲める。軟骨もかつてない柔らかさ。

 

1位 ネジャンタン

結局コレ。間違いありません。他のメニューは各自の趣向と相談してトライすれば良さそう。

 

…あくまで個人的な順位です。

 

抜け忍
抜け忍

これからヤンピョンヘジャンクでデビューする方の参考になれば。

 

とりあえずネジャンタンから入るのがセオリー。その上でホルモンに抵抗なさそうなら、他のメニューも是非。

ひとクセもふたクセもありますが、ハマる人は沼確定。

 

ちなみに、こんな方にもオススメ。

・一人で寂しい
・なんだか不安
・元気を出したい

暖かいチゲが自律神経の緊張を和らげ、スープのうま味がドーパミンを放出。

 

食べ終わるころには、元気になるかも(個人差あります)。

 

なにかと息詰まる日々は続きますが、せめてネジャンタンで健康も活力も取り戻したいですね。

 

抜け忍
抜け忍

以上、ぼっちで不安で元気を出したい管理人でした(ダメやん)!