【関内】最早キムチ王国と化した「横浜橋商店街」に凸!

ここはコリアタウン?

なにかとアジアンテイストな横浜橋商店街

その中でも一際目立つのがキムチ販売。

ちょっと歩けば、あちこち赤いパッケージだらけ。

抜け忍
抜け忍

どのキムチが正解???

全くわかりません。

どれも同じような違うような。

とりあえず体当たりで行って参りました。

抜け忍
抜け忍

いざ!キムチ激戦区へ!

スポンサーリンク

横浜橋商店街のアクセス

関内南口を出たら右へ。

 

大通り公園を突っ切って直進。

 

③信号に「よこはまばし」を確認。

 

④到着。関内から徒歩約15分。

スポンサーリンク

横浜橋商店街はキムチストリート!?

横浜橋商店街の第一印象は「懐かしい」。昭和世代にとって、アーケードの安心感は異常。実家感ハンパない。

 

郷愁に包まれて歩けば、出るわ出るわのキムチ屋さん。

抜け忍
抜け忍

一体、何店ある???

 

キリがないので、とりあえず木浦食品さんで試食。

 

トラジキムチ(桔梗のキムチ)に初挑戦。

 

抜け忍
抜け忍

かっら!

 

これが本場の辛さ!今まで食べたキムチが、いかに日本人向けにアレンジされたモノか。身をもって体験しました。

 

抜け忍
抜け忍

額から一気に汗!

 

トラジキムチは遠方から買いに来る方もいる人気商品ですが、あっけなくギブ。

 

代わりに、もう少しまろやかなキムチをリクエストしたのですが…

 

ウチは辛味の強いモノが多いからねぇ。

 

その後、2~3軒回ってヒアリングしましたが、どこも同じような在庫(=辛い!)。これが本場の洗礼でしょうか。

 

途方に暮れつつ、アーケード入り口を訪ねるとありました。

 

抜け忍
抜け忍

カネダ食品さんで甘口の二文字に遭遇!

 

これは買いですね。楽しみ。そうなると、怖いもの見たさで、やっぱり本場のキムチも欲しくなります。

 

ウチのは他店じゃ食べられないよ!

 

そう豪語するのは、実家惣菜店さん。

韓国料理店「実家」はもちろん、なんと!大使館にも卸している本格派。しかも調味料不使用。

 

さらに白菜に大量の果物を混ぜているらしく、辛味もそこまで強くないとか。

 

抜け忍
抜け忍

ホントかなぁ…

半信半疑ながら、オバチャンのセールストークに力負け。

 

しかもシンプルに安い。この量で600円なら全然買い(後述)。

スポンサーリンク

横浜橋商店街のキムチを実食

帰宅まで、意外と重かったのですが、それもそのはず。

 

自宅で図ってみると、実家惣菜店さんは直径16cmの容器にキムチがどっさり。

(左)カネダ食品
(右)実家惣菜店
抜け忍
抜け忍

小鍋のような容器だよ。そりゃ重いわけだ。

 

これは業務用でしょうか?お得感しかありません。

 

抜け忍
抜け忍

後は味比べだね。

 

先行はカネダ食品さん。

抜け忍
抜け忍

やや!美味しいぞ!

 

正直、値段から(240円)スーパーのクオリティを想像していたのですが、明らかに違います。魚介系の風味もしっかり。どちらかと言えば辛味よりですが、そこは重箱の隅。とにかく美味。

 

お次は実家惣菜店さん。

このマグマのようなビジュアル。どう見ても辛そうですが…。

 

抜け忍
抜け忍

何で買ったんだ!?

 

しかし、これも甲乙つけがたい!

 

初めに果実の甘い風味がフッと鼻を抜けて、その後、辛味がウワッ!とやって来ます。決して甘味が辛味をまろやかにしているワケではなく、どちらも喧嘩することなく、上手にまとまっているカンジ。相対的にやっぱり辛いのですが、これはこれで全然アリ。後を引く美味しさ。

 

うーむ。こうなると、もっと色んな店舗のキムチを買えば良かった。食べ比べたら、さぞ楽しかったろうに。 

 

抜け忍
抜け忍

レアな水キムチもあった。激しく後悔!

 

中々、横浜方面を攻める機会もありませんが、いずれは全店舗制覇を目論んでおります。待て!次回!

 

抜け忍
抜け忍

胃がぶっ壊れそうだけど…